Ultra WiFi SoftBank 007Z

ここでは、Ultra WiFi SoftBank 007Z に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1000743.jpg
以前の話になりますが……
……とうとう3年たって、うちのレノボPCの無線LANアンテナがいかれまして……

 ヽ(`Д´)ノ ちっくしょうめ!!

(前日に、コンクリートの地面に本体を思いっきり落としたのが原因か?)

( ;゚ω゚)……最悪の事態到来ですよ。
無線LAN、つまりWiFi,がつかえねーという事は、ソフトバンク007ZモバイルルーターはNG。
公共無線LANもNG。
つまり無線LANで、ネットが出来ないという……

(もちろん有線LANやUSBケーブルで007Zモバイルルーターを繋ぐ事は可能
だけど。でも、それだと外出時にかさばって使えないし)

結局大急ぎで、PLANEX Wi-Fi USBアダプタ GW-USNano2-Mを用意。
USBをWi-Fi化してなんとか乗り切る事にしました。
[PCの無線LANアンテナが壊れたので、USB無線LANアダプター(PLANEX Wi-Fi USBアダプタ GW-USNano2-M)でしのいでみる。(11n/g/b対応 150Mbps)]の続きを読む
スポンサーサイト
(´・ω・`)……へえ、これがiPad miniの外観かあ。
モックアップって奴?
小さい様な大きい様な、程良い大きさかな。
[iPad miniの機能がWiFiだけならば、モバイルルーター007Zが生きてくるかもしれない。]の続きを読む
アイフォン5 デザリング
なんと次期iPhone5はデザリング機能が使えるらしい……


デザリング機能とは?


スマートフォンをはじめとする携帯電話などの通信機能を使って、パーソナルコ
ンピュータ(パソコン)や他のモバイル端末をインターネットなどへ常時接続す
ること


まじで? じゃあ、auのiPhone5を購入すれば、モバイルルーターみたいな使い
方が出来るという事?
つまりノートPCでネットが出来るということだよね?
モバイルルーター007Zは2011年8月に契約した。
契約期間は2年。
から、あと1年縛りがある!

うわああ、でもauのiPhone5がモバイルルーターとして使えれば最高
だよなあ。
でもデザリングについてこんな注意書きも↓


ただし、テザリングは送受信のデータ量が大きいため、利用者が多くなると回線
を圧迫するので、すべての通信事業者がテザリングによる常時接続を認めている
わけではない。とくに、テザリングが定額制のなかに含まれないことがあり、使
用後に高額な料金を請求されるケースもあるので利用には注意が必要となる。


そうか、iPhone5をモバイルルーターとして使用したらつまり追加料金みたいな
ものも発生する可能性があるという訳か?

でもまあ、今のところ007Zの安定した速度には奇妙な信頼感を置いているので
あんまりバタバタしない方がいいかもね。
一度auに聞いてみた方がよさそう。
IMGP2183.jpg
( ゚∀゚)アハハ  無線Wi-Fi SoftBank 007Zってバッテリーが
4時間しか持ちませんよね?

でも使用中にエネループ モバイルブースターにつないだら
普通に充電してくれました。
おかげで、5時間以上使用が可能になりましたぜ。

本当にエネループ モバイルブースター便利な充電システムです
わ。
もう、007Zのバッテリーの残りを気にしなくて済みました。

(´・ω・`)……ショップの方は、使用中は充電出来ないとか
言っていたけど、普通に出来るじゃないか。

そういえばデーター通信エリアをユーティリティでサブエリア
に設定したら速度が曝速になりましたよ。
もう、どこでも使用OKな感じ。

あと放熱対策もなんとかなりました。007Zって使用中
凄い熱を帯びるじゃないですか?

IMGP2184.jpg
ちなみにこれは、iPhone 4用のスタンド「ISTAND」
です。これを007Zに応用します。

IMGP2185.jpg
タコみたいな形ですが、下の方が吸板になっています。

IMGP2188.jpg
(`・ω・´)このように、007Z本体の裏側の上部にとりつけます。
IMGP2190.jpg
そして、立てかければ007Zをテーブルの上に直接置くよりも
空気との接触面積が増えて、放熱しやすくなります。

弱点は吸番の力が少し落ちた場合かな。

吸板の密着力が少なくなってきたら、ウエットテッシュなどで
掃除してあげれば復活します。

まあ、短時間使用する場合はいりませんが、長時間使用する場合
は結構重宝します。
600円程度だけど、かなりの働き者っス。




IMGP2023.jpg
Ultra WiFi SoftBank 007Zのバックアップバッテリー用に
エネループ モバイル ブースターを購入しました。


( ゚∀゚)かなり優秀なモバイルバッテリーで、大満足でした!
エネループ モバイル ブースターを実際使ってみた所
Ultra WiFi SoftBank 007Zに、二回も充電出来ましたよ。
凄すぎ……頭では容量的に2回充電可能という事が分かって
いても、実際に2回充電可能というのは大きいです。

なにせUltra WiFi SoftBank 007Zは連続稼働時間は4時間が
MAXですからね。
ですから、いつでもUltra WiFi SoftBank本体に充電出来る
環境は整えておかなくてはならないのですよ。



IMGP2024.jpg
エネループ モバイル ブースターを開封して見ると、電源ケーブルに
USB-miniB型、A型プラグがついたケーブル。
マイクロUSB用アタッチメントがついてきます。
IMGP2025.jpg
これがリチウムイオンバッテリー本体。
DC出力ボタンを2秒間押すと残量がチェック出来る優れモノ。
IMGP2030.jpg
これはUSB-A型出力端子 2つついています。
この出力端子を通して、他のモバイルに充電します。
IMGP2031.jpg
こちら側に、DC入力ジャックとUSB-miniB型入力
端子が。
つまりこちら側からリチウムイオンバッテリー本体
充電する端子がついています。
IMGP2026.jpg
早速ADアダプターでリチウムイオンバッテリー本体を
充電。
発光表示部が1.5秒ごとに点滅していれば、7時間で充電可能。

IMGP2028.jpg
付録のUSBケーブルを使えば、なんとノートパソコンからも
リチウムイオンバッテリー本体に充電可能。

IMGP2027.jpg
ではUSB-miniB型、A型プラグがついたUSBケーブルを使用して
Ultra WiFi SoftBank 007Zに充電してみます。
その際、マイクロUSB用アタッチメント用意しましょう。


IMGP2029.jpg
USB-miniB型プラグ側に、マイクロUSB用アタッチメント
を接続させましょう。
これでUSBケーブルは準備OK。
IMGP2032.jpg
リチウムイオンバッテリー本体を使用してUltra WiFi SoftBank 007Z
を充電しています。




ボタンを押して、10秒後に充電スタート!
(充電をスタートする場合はリチウムイオンバッテリー本体の丸い
ボタンを押すと、充電がスタートする仕組みです。その際、発光
してくれます。また途中で充電を止めたい場合は同じく、ボタンを
押すと充電がストップします)

(´・ω・`)Ultra WiFi SoftBank 007Zを使わない時間や、昼飯時と
かによく充電しますかね。
充電中リチウムイオンバッテリー本体は全然熱くならないので
バッテリー本体としてもかなり安定いているのが分かります。

リチウムイオンバッテリー本体に、別売りのケーブルを用意すれば
携帯も充電可能です。
実際に使ってみて結構重宝しますし、災害時にも活躍してくれそうです。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。