ハイエンドコンパクトデジカメ

ここでは、ハイエンドコンパクトデジカメ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1000741.jpg
NIKON COOLPIX P310って、設定されている操作音とか電子音、
シャッター音がうるさくないですか?

普段使いなら別にいいですけど、結構このシャッター音って展示場とかでは
音が響くんですよね。
でも、結構簡単に操作音を無効化出来るんですよ。
いわゆる無音操作設定って奴ですね。

自分へのメモとして、書いておきます。

P1000735.jpg
まず、青い線で囲ったMENUボタンを押します。
P1000736.jpg
セットアップを選択(円形ボタンのロータリーマルチセレクターで選択)
P1000738.jpg
セットアップ画面から、下に移動して「操作音」を選択。
(この項目で、P310の操作音全体のコントロールが出来る)
P1000739.jpg
一見地味な機能だが、展示会や静かな場所で撮影する場合って多いじゃ
ないですか?
個人的には、携帯でいうところの「マナーモード」ですね。

ただし「無音」で操作すると、ちょっとシャッターを切る感覚とか、オ
ートフォーカスの確認を目で行わなくてはなりません。
ただ、やはりシャッター音というのは、撮影時においてネックになる場
合があるので状況に応じて使い分けた方がいいと思います。
DSCN1191.jpg
さて、NIKON COOLPIX P310で撮影した自転車画像です。
先日も書きましたが、やはりこういう展示品を撮影した場合このデジカメ
は長所を発揮すると思います。
特にフラッシュは使わなかったのですが。
感度UPや、その他の設定はしなくてもオートでここまで撮影できるんですね。
DSCN0592.jpg
DSCN0595.jpg
DSCN0580.jpg
個人的には、1万5000円程度でここまで撮影出来れば元は取れた気が
しますが。
残念な事に、NIKON COOLPIX P310の生産は終了したとか。
元々は二万数千円もした機種ですから、ここまでの画像が撮影できるの
かな。
スポンサーサイト
IMGP6099.jpg
DSCN0058.jpg
NIKON COOLPIX P310の専用デジカメケースに、サンワサプライ 衝撃吸収
デジカメソフトケース DG-BG33BK を購入しました。

個人的にNIKON COOLPIX P310をスポーツ時とか、バイクで走る場合
とか結構過酷な環境で持ち運びするんですよね。
だから、デジカメケースはデザインよりも保護性や、衝撃吸収性、外部からの
ショックに強いタイプにしました。

もう見た目からしてアーミーですね。
とにかく頑丈!
そういうデジカメケースです。

とにかく、コンパクトデジカメは薄いケースではなくきちんと本体を保護
してくれるケースにした方が経験上無難ですよ。
やっぱり持ち運ぶ機会が多い分、外部からの衝撃に毎回カメラ本体がさら
されるわけですから。
P1000711.jpg
この様にNIKON COOLPIX P310をケースから取り出す時は、結構かっこいいです。
NIKON COOLPIX P310本体も結構大きいですが、それでも余裕がありますね。
最近のより薄いコンパクトデジカメなら、余裕で入るのではないでしょうか?
P1000712.jpg
この低反発ウレタンが、カメラ本体全体をしっかりガードしてくれる
訳ですよ。
一度、ベッドから床にこのカメラケースを落とした事がありましたけど
事無きを得ました。
P1000713.jpg
P1000714.jpg
スポーツ時とベルトに取り付けたりと、結構便利。
個人的に、バッグの中にこのケースごとデジカメをいれておけば、とりあえず
一安心かな。
P1000722.jpg
これだけクッションの塊のようなケースですからね。
価格もリーズナブルなので助かりました。
アウトドアにデジカメを持っていくなら、結構便利だと思います。
P1000720.jpg
予備のバッテリーも2個程、ポケットに入れています。
そうすれば、3日間連続で使用しても十二分にバッテリーが
持つってもんですよ。
P1000716.jpg
P1000717.jpg
ついでに液晶保護フィルムはKenko P310の専用で。
サランラップみたいに、一分で貼り付け可能。
特に問題なし。
ワンタッチで貼れて面白かった。
DSCN0003.jpg
NIKON COOLPIX P310には外付けバッテリーチャージャーが付属して
いないんですよね。
とりあえず、アマゾンのノンブランド(中国製)をつかっています。
今のところ問題なし。

予備バッテリーとしてロワジャパンのを、使っています。
純正品ではないので、自己責任になってしまいますけど普通に使えるし
純正品のバッテリーと、持ちは変わらない。
ただ、充電中は常に手元に置いて実行していますよ。


ま、これだけオプションを用意しておけば、ほぼ問題なくどんな
シチュエーションでもOKだと思います。
NIKON COOLPIX P310なら、オプションを色々用意しても2万以内
で一眼に近い画像を、楽しめるのでお勧めだとは思いますが。
更に、極めたい方はSONYのRX100 とか、RX1。
または、シグマのミラーニという事になるのでは。

とりあえず、購入してから3カ月経ちますがトラブルもないしお気楽に
使っていますよ。


IMGP3839.jpg
(`・ω・´)b SONYの噂のハイエンドコンパクトデジカメDSC-RX100ですよ。
これを知ったのは、DSC-RX100ユーザーの画像を見た
のがきっかけかな?
なんか異様に画質が良かったので、てっきり
コンパクトデジカメだとばかり思ってしまった
訳ですよ。
2020万画素に、通常のコンパクトデジカメの4倍のCCDセンサー。
大口径カールツァイスと、正直通常のコンパクトデジカメとは違う仕様。
一眼レフ&ミラーレスに近い性能を誇るハイエンドコンパクト
デジカメなら、気軽に持ち運べる上に高画質のレビュー画像が撮影出来ると
思い手にとりました。
……すげえ、アルミボディがカッコイイ。
IMGP3833.jpg
結構鏡胴がでかいんですね。

独ツァイスレンズを持ってポケットに……という贅沢を味わえるそうだ。

IMGP3835.jpg
手にとってみる。
本当にコンパクトデジカメだ……どうにもこうにも、このDSC-RX100が
NEXに迫る性能を持っている様に見えない。
だけど、確かに高精密が画像が撮影出来てうなるんですよねえ。
IMGP3834.jpg
電源、シャッターにズームレバーに、モードダイヤル。
特にモードダイヤルが、まるで一眼レフの様です。
マニュアル操作でズームや絞りといった基本操作の他に
スタンダード、露出補正、ISO感度、ホワイトバランス、
など設定可能。
結構硬めなダイヤルだったかな?

IMGP3836.jpg
撮影してみると、NEX-F3に近いシャッタースピード。
つまり、速い。
液晶は高精密だけど、色合いはNEXシリーズの方が鮮やかに思える。
IMGP3865.jpg
Fnボタンを押すと露出補正、ISO感度、ホワイトバランスなどの
項目が並ぶので左右キーで選択し、リングを回してコントロール。

要するに、Fnを押すとコントロールリングから値を簡単に調節できる
と言う訳か。

この辺りの操作感もNEXに近いなあ。
慣れがいるかもしれないけど。

IMGP3866.jpg
カスタマイズの設定画面。

IMGP3831.jpg
確かメニューボタンを押してもモードダイヤルと同じように
液晶画面で操作可能。
IMGP3832.jpg
(`・ω・´)……個人的にかなり気に入った一台。
これなら、高級感もあるからスーツを着て撮影してみても
違和感はないだろうし。
しかも、周囲の人々にも一眼レフ程の圧迫感はないだろう。
風景撮影には最強だと思う。
問題は、接写となるけど……うーん。
この間DSC-RX100で撮影したホテルのオムレツ画像がとにか
く美味しそうだったんですよね。
あの独特の食欲をそそる画像はDSC-RX100でしか出せない
と思う。
価格が現在5万程度。
実は45000円まで価格が落ちるのを待っているんですが。
タムロンのマクロを買った後なので……はは。
この記事が終わったら、またタムロンマクロAF90mmで遊
ぶ予定です。
ま、とにかくですね? 外出用のデジカメとして
凄まじく! 欲しい訳ですよ。
ソニーストア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。