電動アシスト自転車

ここでは、電動アシスト自転車 に関する情報を紹介しています。
DSCN4618.jpg
やはり、HYDEE.2は子供乗せアシスト自転車中、最高クラスのデザイン
性を持ったモデルですね。
とはいえ、あのブリヂストンが開発したモデルですから、日本の安全基
準は満たしているんです。
HYDEE.2専用のチャイルドシートを乗せてある上に、きちんと重心バランス
も低く設計してある電動アシスト自転車なんですよ。
つまり、子供用チャイルドシートを乗せる事を、前提にした設計になって
いるのです。
(フレーム強度もしっかり確保してある)
とはいえ、女性誌VERYとのコラボモデルの為、デザイン性も両立して
いるんだから面白いですよね。
DSCN4617.jpg
HYDEE.Bは元々二人乗り電動アシスト自転車という事でデザイン
されたモデルなんですね。
もちろん。3人乗りも可能な設計にはなっていますけど。
DSCN4621.jpg
ただ、やはりチャイルドシートをリアに乗せた状態が一番かっこいいかな!
ちなみに、VERYがこだわったポイントは2つあって、この迷彩柄のシートですね!
この迷彩柄のデザインがVERY最大のこだわりだったとか!

ちなみにグリップ部はワンタッチで開閉可能。
迷彩色が強烈なチャイルドシートですが、SG(製品安全協会安全基準)を満たして
います。
やはりお子様にヘルメットをさせた方がいいですね。
DSCN4637.jpg
ヘッドガードの部分は軽量化するため樹脂を使い、座面は浅く設計して小さく見え
るようにデザインしました。
つまり安全面や機能性は持たせたチャイルドシートですが、より小さく見える為の
工夫もしています。
チャイルドシートが小さく見える事により、デザイン性を引き立たせようという計
算ですね。
迷彩柄クッションは表面がウエットスーツのような素材になっていて、撥水加工
してあるので雨がしみ込まない配慮もしてあります。
デザインもウェットスーツ系素材も、ブリヂストン初の試みだったとか。

DSCN4631.jpg

あと、スポーティなタイヤということで、なんと太めのブロックタイヤですよ。
なんでもVERYはMTB風のスポーティ―さを意識して、このタイヤを提案してきたとか。
これはかなり新鮮な発想。
HYDEE.2の特徴は、この26インチのMTB風タイヤですね。
DSCN4622.jpg
グリップシフターに、ハンドル固定レバーが右ハンドル側に付いていました。
DSCN4624.jpg
もし、フロントにチャイルドシートを乗せた場合、この位置で固定する事にな
ります。
DSCN4625.jpg
左ハンドル側に、コントロールパネルを設置。
DSCN4626.jpg
DSCN4628.jpg
なんとMTB同様に、強力な制動力を誇るVブレーキを採用。
子供乗せ電動アシストモデルとは思えない、仕様です。
DSCN4629.jpg
DSCN4630.jpg
DSCN4632.jpg
高輝度ホワイトLEDランプ。
なんとクロムメッキな砲弾ライトです。
電動アシストを使用していない時でも、点灯可能。
DSCN4634.jpg
リチュウムイオンバッテリー8.7Ah
またフレームは2人乗りHYDEE.Bよりも、この3人乗り用HYDEE.2の方が
よりフレーム剛性を強化してあります。
その事により、フレームのねじれからくるふらつきを抑えてある設計。

なんだかんだで、3人乗りになったということでより頑丈なフレームに
変化しているんですね。
DSCN4640.jpg
DSCN4639.jpg

リアチャイルドシートを乗せる荷台も、フレームを太くして剛性を強化。
しかも、画像で見た通り目立ちにくいリアキャリア―です。
このあたりのセンスはママチャリにはありません。
DSCN4641.jpg
スポーティさを意識したアルミペダル。
なんとなくMTB風のデザインかな?

HYDEE.2は、高さが低いアンジェリーノやビッケにくらべていくらか、チ
ャイルドシートの位置が高め。
アンジェリーノやビッケの方が、お子様の下ろし乗せがいくらか容易か
もしれません。

だし、HYDEE.2は26インチサイズと大き目のタイヤサイズですし、ス
ポーツ性、デザイン性はこちらの方が面白いかもしれません。
なにより、子供乗せ用電動アシスト自転車のデザインにおいては、他
社と比べてやはりブリヂストンが一番洗練されているとのですよ。
これは、フレーム設計から開発出来るブリヂストンの強みですね。
2014 [BRIDGESTONE] ブリヂストン
HYDEE.2(ハイディツー)「HY684C」26インチ 8.7Ah 3人乗り対応 電動自転車
DSCN4643.jpg
アンジェリーノ プティットeの展示車を、ブリヂストンスタッフ
の方にお願いして見学させていただきました。
ブリヂストンで販売されている3人載せモデルの中でも、一番
チャイルドシートの位置が低いそうです。
要はこれなら、お子様を降ろしたり、乗せたりすることが楽に
なります。
DSCN4644.jpg
あとチャイルドシートが、お子様を覆う様に出来ているのです。
お子様の体を全体的にカバーする様なデザインになっている
点が、アンジェリーノの長所ですね。
他のお子様乗せ自転車と比べても、この画像を見ただけでクッション
カバーがしっかりしているのが分かります。

ベルトや、頭を守る為のヘッドガードなどが付いています。
また、チャイルドシートの形がリクライニングシートになっているので
お子様が座っても疲れにくい設計になっていますね。
ただし、やはりチャイルドシートを使用する際に、ヘルメットは
しっかり着用すべきです。
DSCN4645.jpg
ベルトや、頭を守る為のヘッドガードなどが付いています。
また、チャイルドシートの形がリクライニングシートになっているので
お子様が座っても疲れにくい設計になっていますね。
ただし、やはりチャイルドシートを使用する際に、ヘルメットは
しっかり着用すべきです。
DSCN4657.jpg
チャイルドシートの高さも、円形のレバーを回すことで
調節可能なんですね。
DSCN4659.jpg
車体の高さは1m53cmと、低いです。
チャイルドシートを中心にした設計。
まず自転車を設計してから、チャイルドシートを乗せた設計
ではなくて、まず安全かつ快適なチャイルドシートありき
なんですね。
DSCN4658.jpg
お子様を乗せても、視野がきちんと確保出来ると思います。
またこのイエローは、デザイン性が高いカラーリングと
いうだけではなく、車から見ても目立つはず。
DSCN4649.jpg
やはり、チャイルドシートを支えるフレームなので
しっかり作ってある。
安定性を最重要視した、極太タイヤ。
上にチャイルドシートが配置されているので、これ位の
太さは間違いなく必要。
あまり進まない様に見えますが、ギア比を調節してあるので
一漕ぎで、ママチャリ以上に進むはず。
パンクに強く、抵抗のすくない4.5インチサイズのタイヤです。
DSCN4650.jpg
乗り降りし易い極太フレーム。
アルミフレームで、ここまで太いサイズというのも凄いですね。
DSCN4651.jpg
DSCN4653.jpg
ペダルには、滑り止め防止加工を施してあります。
DSCN4656.jpg
サドルも、随分昔よりも巨大になりつつ、クッション性も高く
なりましたね。
しかも、デザイン性もレトロ感がなぜかあります。
お尻を守ろうとする配慮だとは思いますが。
昔のアンジェリーノって、もっとサドルがそっけなかった
のですよ。
DSCN4654.jpg
DSCN4655.jpg
リアキャリア―が、なかなか骨太設計。
これなら、リアチャイルドシートもしっかり乗せられそうです。
DSCN4648.jpg
8.7Ah 12.8Ahバッテリー搭載モデルがあるそうです。
このモデルはアンジェリーノプティットe「A20L14」
12.8Ahバッテリー搭載モデル。

一回の充電価格は電気代10円程度。

アンジェリーノはパワーがある上に、カーブや小回りなどが得意
なんですよ。
見た目は重そうですが、自分は機敏に走りまわれる電動アシス
ト自転車という印象を持っています。

頻繁に坂道や、街での買い物の際、ハンドルを切る場合が多い
場合に力を発揮します。
特にお子様を乗せた際の、ハンドルの安定感と、カーブのし易さ
には感動するのでは。
あとお子様を乗せて運ぶ際の、安全性が極めて高いモデルでは
ないかと。
チャイルドシートがメインの電動自転車ですからね。
2014 ブリヂストン アンジェリーノプティットe「A20L14」 20インチ 12.8Ah 3人乗り対応 電動自転車
DSCN4680.jpg
子供乗せ3人対応の電動アシスト自転車、bikke2-eに試乗して
みました。
さすがにお子様は載せていない状態での試乗ですけど。
ただ試乗コースは、坂道が多かったので登り坂で走った場合のビッケの
性能を体験する事が出来ました。

実際乗った感じ、直線安定性に強い電動アシスト自転車なんですね。
これは、走りがとことん安定しまくっているわ。
もちろんカーブもそれなりにこなしてくれるけど、どちらかというと長い距離
を走るのに向いていると思う。
DSCN4668.jpg


(道路などの段差に強いか?)
それなりの段差でも、乗り越えますね。ただし、お子さんや荷物を積んでいる
場合は不明。
ただし、通常の自転車よりも段差を乗り超える能力が高いと思う。
やはり、タイヤサイズが太いのが利いている。
DSCN4662.jpg
(坂道にとことん強い電動アシストモデル)
パワーモード(強)、通常モード、エコモードの3段階のパワーアシストを設定
できるのですが、一番弱いエコモードでも、楽々坂道を登っていく!
これは楽だ!
あえて、電動アシストとペダルの感覚を数値化すると
電動アシスト:脚力=7:3
位ですかね。

じゃあ、一番アシストパワーの強い(強)モードなら、どれだけ走るん
だろう?  そう思って設定してみたら、ペダルを漕ぐ感覚が消えて
しまった。
見た目よりもパワーが凄い!
これだけのアシストパワーがあれば、お子様2人載せでもパワフルに坂道を
こなしてしまうと思う。
DSCN4663.jpg

電動アシスト自転車にお子様を乗せる際、ヘルメットは絶対必要です。
ヘルメットカラーも、コーディネート出来ますよ。

(それにしても、パワーモードがヤバ過ぎる)
試乗した時、体がへとへとだったのですが、このビッケが体の疲労に関わりなく
勝手に走ってくれるのには、驚愕した!
とはいえ、走りはスポーツ系というよりは、長時間&長距離に向いているとは
思う。
もちろん、街中でもしっかりこなしてしまうだろう。
DSCN4669.jpg
ライトはホワイトカラーで、砲弾タイプ。
この太いタイヤのおかげでお子様を二人載せても安定するし
段差のある路面や荒れ道でも快適に。
DSCN4675.jpg
低床フレーム。ここから脚で股ぐ形で乗る事になります。
DSCN4676.jpg
DSCN4678.jpg
グリップシフターなので、グリップを掴みながら変速操作が
可能。
荷物を運んでいるときも、ハンドルから手を離さなくて済みます。


また、ワンタッチでハンドルを固定できるので、フロントチャイルド
シートにお子様を乗せる際、ハンドルが動かないので助かります。
ハンドルの握り具合は自然な感じでした。
DSCN4673.jpg
サドルなども、カラー選択可能。
こうして見ると、大変長い自転車だということが分かります。
DSCN4671.jpg
チェーンが完全にカバーされています。
DSCN4670.jpg
モーターは、BB下に配置されています。
低重心設計。
DSCN4672.jpg
DSCN4665.jpg
お子様がおひとりの場合、このリアチャイルドシートがお勧め。フロント
シートですと、若干脚を開いて自転車を漕がなくてならないのですよ。
あと、スタンドの安定性はかなりしっかりしているので、お子様を
載せる際、安心出来ると思います。
DSCN4667.jpg
バッテリーはサドル下に配置されています。

(全体的な感想)
やはり、子供2人載せモデルだけあって強力なパワーアシストが一番印象に
残りました。

坂道で使用する際、十二分なパワーを発揮するはずです。

あとはやはり、デザイン性の高さですね。
ビッケは他の電動アシストモデルと比べても、デザインが美しい。
グリップ、サドル、ヘルメットまで好みでデザインを選択出来る。
まるでインテリア自転車ですね。

お子様載せ目的ではなくても、大変面白い電動アシスト自転車だと
思う。
2014 BRIDGESTONE bikke2-e(ビッケツーe)「BK084」 20インチ 8.7Ah 3人乗り対応 子供乗せ自転車 電動自転車
img62344738.jpg
このブリヂストン電動アシストモデルステップクルーズは、伝統的なブリヂストンフレームで構成されています。

「オスロ」という、1980年代のブリヂストン雪用ママチャリがあったんですよ。
雪の中でも乗り降りしやすく、その上強靭なフレームになるように設計された名モデルです。

ま、ブリヂストン「オスロ」が「ステップクルーズ」と名前を変えて現代に蘇ったという事ですね。
元々オスロは雪道を走る他に、荷物の運搬が重視されたモデル。

ですので「ステップクルーズE」もリアチャイルドシートを取り付けたりして、電動アシスト自転車として運搬する事に大変適したモデルと言えます。

だからブリヂストンもステップクルーズEの高い運搬能力を評価して通勤や、通学(学生鞄)や、子供乗せ電動自転車としての使い方をお勧めしている訳です。

(また、タイヤも26×1.75HE ブロックタイヤを取り付けて運搬性を高めつつ、
荒れ道などのの路面でも走れる様な仕様にしている)
img62344737.jpg
確かにビジュアルが現在風だけど、かつての「雪用」自転車としての面影は残っています。
渋い電動アシスト自転車ではないですか?
img62344745.jpg
スーツや、制服などどんな服装でも扱いやすいハンドル形状に設計してある。
img62344743.jpg
ライトは自動点灯させる事が可能。しかもアシストモードを切っても自動点灯
機能を使う事も出来るそうだ。
img62344747.jpg
荷物の積載の際に、ハンドルを固定させる事も可能。
積載時、ハンドルが動くと危ないですからね。
img62344744.jpg
スクールバッグがすっぽり入るワイヤーバスケット。
底面のメッシュが細かいのは、荷物が落下するのを防ぐ為。
正に生活本位の電動アシストモデル。
img62344739.jpg
プチトリオLEDランプ。
広範囲に光を照射させる事が可能。
出来るだけ、周りからも発見させやすい形状をしているそうな。
img62344748.jpg
タイヤサイズ 26×1.75HE ブロックタイヤ
img62344746.jpg
フレ-ム イージーステップフレームアルミ
乗り降りし易い、フレームにこだわっている。
しかも電動のV型フレームに、ハンディーバー(補強フレーム)を取り付けて徹底的に強度を高めた設計をしている。
これだけ頑丈かつ機能性に優れたフレームだからこそ、電動アシストモデルとして復活したのでしょう。
img62344740.jpg
長生きバッテリー8.7ah
一充電あたりの走行距離 標準モード35km/オートエコモード41km/強モード30km
2時間半程度で急速充電も可能。
このあたりの機能は通勤通学の為に、導入したんでしょうね。
img62344741.jpg
クラス27のリアキャリア―
板状の加工を施すことで、ビジュアル性にもこだわっている。
チャイルドシートも取り付け可能。
img62344742.jpg

サドルはクッション性重視かな。
とりあえず荷物の積載性と、走破性にこだわった万能型電動アシスト自転車ですね。
特に目的が決まっていなくても、購入後に使い道を発見出来る電動自転車かもしれません。
カッコいいですしね。
特にこのオールブラック系カラ―とか、なかなか渋いデザイン。
BRIDGESTONE(ブリヂストン)[STEPCRUZ(ステップクルーズe)]
img62413621.jpg
ブリヂストンのbikkeが、幼児二人載せ対応になったん
ですね。
しかも専用フロントバスケットを仕上げてきていますよ。
Bikke2eという形で、幼児二人載せ対応電動アシストモデル
ということになりますが。
デザインは北欧自転車を参考にしてホワイト系に。
しかも、オプションでチャイルドシートやサドルカバー
バスケットクッションなどコーディネート可能。
びっけ7
実は試しにブリヂストンビッケのシュミレーションで
色々パーツをコーディネートしてみました。
なかなか自由度の高い小径電動自転車なんですね。
チャイルドシートのカラ―リングもコーディネート
出来るし。
しかも、ちょっとしたコーディネートでビッケ全体
の雰囲気ががらりと変化する!
これは、洋服というか、レゴブロック感覚で色々
デザインを遊べる電動アシスト自転車ではないでしょう
か?
img59651532.jpg
ホワイトフラッシュバッテリーランプ
高出力1WホワイトLEDを採用。
やはりこのライトのデザインも北欧自転車を意識。、
このバスケットカバーも様々にカラ―コーディネート可能。
img59651536.jpg
やはりハンドルは、体の姿勢を上向きにして走行中
全体を見渡せる様な形状になっています。
内装3段変速なので、気軽に変速操作も可能。
個人的には安定度とデザインを優先させたハンドル
かな? という気がする。
img59651537.jpg
パイプキャリア
さすがに後日オプションでリアチャイルドシート
を乗せられる様に、太めのパイプでしっかり作って
います。
img59656041.jpg
bikke(ビッケ)専用
NEWチャイルドシート&クッションセット
新5点式シートベルト+新バックル採用
これは別売りのリアチャイルドシートですけど。
やはり、北欧デザインのビッケの合わせてこのシート
のデザインも洗練されています。
安全性もしっかり確保してあるらしいけど、デザイン面
を強化してきた印象を受ける。
img59651531.jpg
ビッグテリーサドル
鋲打ちのクッション性が高いサドル。
img59651533ged.jpg
タイヤサイズ 20x2.125HEタイヤ
20インチタイヤを採用して、デザイン性と運搬能力を向上させている。
低重心なので、安定度が高そうだ。

8.7AHリチウムバッテリー搭載.
標準モード37kmオートエコモード43km強モード 32km
ビッケ980
びっけ
びっけ9
びっけ7679
このように好みと必要に応じて、様々な形にコーディネート出来るのが
ビッケの強みですね。
レザー風パーツを採用してクラシカルに仕上げてもいいし。
逆にピンク系でPOPにコーディネートしてもいい。

籠を前後ダブルにして、フロントにチャイルドシートを配置すると
お買い物にも便利。
【2014モデル/2人同乗基準適合】ブリヂストン[bikke 2e(ビッケツーイー)]BK084子供乗せ対応