GIOS

ここでは、GIOS に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imgrc0063409278.jpg
なんじゃこりゃ……2015 ジオスクロスバイクモデルGIOS AMPIO SR
って、何気にパーツが面白くないですか?

コンポグレードは2014年モデルのティアグラグレードから、ソラ
グレードになってはしまいましたが。
でもフルSORAグレード!
いや、それどころか、一部にティアグラグレードを採用し価格を
さげています、
しかも、ホイールセットに完組みホイールSHIMANO WH-R501
を採用。

サドルもなんと、ブルーのセライタリアが付いてきますよ?
うわ! なんかクロスバイクというよりも、ロード系に使用変更したかの
ような凄まじさがあります!
しかも、フロントフォークもクロモリじゃなくて、カーボンフォーク!

2015年通常バージョンのAMPIOは、ソラのミックスグレードですからね。
(もちろん、通常バージョンは6万円台で買えるリーズナブルさもあるけど)
imgrc0063409277.jpg
ジオスブルーカラーのグリップをGIOS AMPIO SRの為に用意。
有りがたい事に、SHIMANO SORAをしっかり採用ですよ。
シマノ系ブレーキパーツ
imgrc0063409276.jpg
imgrc0063409275.jpg
ジオスオリジナルのカーボンフォーク。
imgrc0063409274.jpg
シマノ完組みホイール SHIMANO WH-R501
imgrc0063409273.jpg
フレーム GIOS ORIGINAL 4130クロモリ
imgrc0063409272jkh.jpg

フロント&リアディレーラーシマノ SORA
クランク SHIMANO SORA 50/34t
カセット SHIMANO CS-4600 12-25T
カセットはなんとティアグラスペック。

しかも生真面BBへ、SHIMANO SM-BB4600を採用。
おいおい、BBはなんと上グレードのティアグラかよ。
頑張ったな。
シマノパーツをBB、ブレーキ、ドライブトレイン、ホイールに至るまで完璧に
固めています。
imgrc0063409269.jpg
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 700×25C
imgrc0063409267.jpg
imgrc0063409268.jpg
imgrc0063409271.jpg
imgrc0063409270.jpg
サドル SELLE ITALIA
ジオスブルーカラーにカラーコーディネート。
クロモリモデルとはいえ、完全にロードスペックではないですか?

しかも570サイズの展開もあり、180CM以上のご身長の方で
も乗車できるサイズがある。

エントリー系ロードバイク完成車に、採用するホイールをな
んとクロスバイクに持ってきてしまいましたよ。
これで7万クラスというのは、ある意味凄いと思うのですが。


とりあえず、ジオスクロモリクロスバイクシリーズ中
ジオスブルーを前面に押し出した、非常に楽しいデザイン
系クロスバイクでもあると思います。

ジオスブルーのサドルですものね!
ジオスのクロスバイクのサドルって言ったらさ、ブラックとか
ホワイトあたりが定番じゃないですか?
なんでクロモリ系クロスバイクに、これだけジオスブルーに
こだわったカラーコーディネートを仕掛けてきたんでしょうね?

もちろん、シマノ製コンポーネントを完璧に使用し、なおかつ
エントリー系ロードホイールを採用してきたのも評価できるの
ですが。
【エントリでP最大9倍(10/5 23:59まで)】 2015モデル GIOS(ジオス) AMPIO SR(アンピオSR) クロモリクロスバイク 【送料プランB】
スポンサーサイト
img57507072.jpg
img57507081.jpg
なんと5万でコーンポーネントがオールシマノ製な上に、ロード系ホイール
SHIMANO WH-R500まで付いてくる、コストパフォーマンスが高いクロスバ
イクです。

VブレーキもTEKTRO Vブレーキ→SHIMANO BR-M422に変更。
ブレーキの際の制動性と、音鳴り対策が施されています。

クロスバイクとしては、ギア比がワイドなフロントトリプル採用なので、
地形の変化に強いクロスバイクですね。
ロード系ホイールSHIMANO WH-R500にタイヤが、エントリー系クロスバイ
クではおなじみのKenda K-193 700x28C。
(確かビアンキのローマ3あたりが使っていたっけ?)
若干硬くてグリップ性が悪いタイヤだけど、後日好みのタイヤに交換する楽
しみがありますね。
img57507083.jpg
とはいえ、やはり4万程度でこれだけのアルミ系クロスバイクが手に入ると
いうのは、脅威的。
どうしても他社の4万円クラスのクロスバイクを見てみると、パーツ系で
コストカットしてくるんですよね。
ホイールやコンポーネントにここまで生真面目に、シマノでまとめてき
た姿勢はやはり実にありがたい。割と長距離もいけそうだし、街乗りに
もいけそう。
問題は、人気が高いせいで在庫が足らなくなる恐れになる点でしょうか?
img57507076.jpg
フレーム GIOS ORIGINAL ALUMINUM SPECIAL TUBING
フレームもアルミながら、クロスバイク専用に設計されたヘッド
チューブ長めの形状。
img57507075.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CR-MO FORK
クロモリフォークで快適性を稼ぐ設計
img57506616.jpg
ホイール SHIMANO WH-R501
なんとシマノ製コンプリートホイールを4万クラスのクロスバイクに
採用!
タイヤ KENDA K-193 700×28C
img57507074.jpg
img57507073.jpg
クランク SHIMANO FC-M171 48/38/28T 170mm
フロントディレーラー SHIMANO FD-M190
リアディレーラー SHIMANO RD-M310
MTB系コンポ シマノALTUSを採用。3×8=24速
img57507072.jpg
img57507070.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-M422
そういえばスタンドは、2014モデルより別売りの様です。
img57507071.jpg
サドル GIOS ORIGINAL COMFORT SADDLE
シートポスト GIOS ORIGINAL φ27.2
やはりジオスのオリジナルパーツを調達して、コスト
を稼いでいる用です。


サドルは日本人に合わせてクッション性重視の方向性ですね。
しかし、通常他社は6万位の価格帯でコンポーネントがアルタス
だったりするんですけど。
ミストラルはなんと4万クラス! ありえない。
コストパフォーマンスが高すぎますよ。
GIOS(ジオス) MISTRAL(ジオス ミストラル)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。