RITEWAY

ここでは、RITEWAY に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cc-ritwy-pasture_22.jpg

これはママチャリから、スポーツサイクルに乗り換える場合に楽しい
クロスバイクですね。
ただし、フレームはロードバイクにも使われる6061アルミ合金
を採用。
ですので、重量は11.4kg!!
ママチャリの平均重量は18kg程度なので、はるかに軽量に仕上がっています。

なのにママチャリに近いスローピング構造!

ママチャリから乗りかえやすいライフスタイルバイクといううたい文句は真実


軽量なアルミフレームと本格的なスポーツバイク用パーツを装備している
ので、ママチャリスタイルながら長距離走れる点が変にギャップがあって
面白い。

cc-ritwy-pasture_23.jpg
cc-ritwy-pasture_24.jpg
cc-ritwy-pasture_1.jpg
cc-ritwy-pasture_3.jpg
cc-ritwy-pasture_2.jpg
パスチャーは街乗りを意識しているので、カラーリング展開が華やかです。
cc-ritwy-pasture_12.jpg
パスチャーにはホイールスタビライザースプリングが採用されています!

見ての通りダウンチューブとフォーク部にスプリングが付いていますよね?
駐輪時前輪が、このスプリングよって固定される仕組みになっています。

(もちろん走行時は、それほど気にはならないはず)
パスチャーは、安定した駐輪が可能なスポーツバイクなんですね。

cc-ritwy-pasture_13.jpg
ブレーキ TEKTRO Vブレーキ
cc-ritwy-pasture_10fwe.jpg
シフター SHIMANO SL-RS47 レボシフター

グリップを回して、変速するスタイルなので誰でも扱いやすい。
cc-ritwy-pasture_9.jpg
ハンドル アルミ合金
ステム アルミ合金
スレッドステムなので、誰にでも楽な姿勢のフレームとハンドル&ステム形状をしています。
cc-ritwy-pasture_6.jpg
cc-ritwy-pasture_5.jpg
フレーム NFデザイン 6061アルミ合金
ママチャリみたいですが、フレームは本格的スポーツバイクでもある。
cc-ritwy-pasture_11er.jpg
フォーク 軽量スチール
cc-ritwy-pasture_8.jpg
cc-ritwy-pasture_7.jpg
cc-ritwy-pasture_15.jpg
クランク LASCO 6061アルミ合金 (38T)
クランクガードが付いているので、どんな服装でも対応可能。
(裾の汚れ対策は打っている上に、デザイン面の強化も行っている)
cc-ritwy-pasture_16.jpg
cc-ritwy-pasture_17.jpg
cc-ritwy-pasture_21.jpg
チェーステーにネコのシルエットが隠れています。
cc-ritwy-pasture_20.jpg
cc-ritwy-pasture_19.jpg
リアD SHIMANO TOURNEY RD-TX800
スプロケット SHIMANO CS-HG200(12-32T)
ギア数 8段変速
cc-ritwy-pasture_18.jpg
サドル マシュマロサドル
自転車 Vブレーキ仕様 クロスバイク 【先行予約受付中】RITEWAY ライトウェイ 2017年モデル PASTURE パスチャー[先行予約受付中]
スポンサーサイト
100000025904_02.jpg
100000025904-l0.jpg
ちょっとめずらしい、26インチサイズホイールのクロスバイク。
結局日本の路面とか、街乗りをする際には26インチの方が使い
勝手がいいんですけどね。

とはいえ、なんだかんだでスピードの乗りだって26インチの方がい
いんですよね。

26×1.5と多少はタイヤが英国ラレーとかも以前26インチホイール
のクロスバイクとか出していたんですけど。
やはり時代の流れか、700Cサイズホイールのクロスバイク路線に
行ってしまいましてね。

ストップやスタートがバランス良くて、楽だし。なんだかんだで日本
人の体格に、この26インチが合っていると思います。

ストップやスタートがバランス良くて、楽だし。なんだかんだ
で日本人の体格にこの26インチが合っていると思います。


交差点で信号待ちする場合も、足付き性がいいから楽だし。
とはいえ、シマノ製エントリー系コンポ「ターニー」
スペックのクロスバイクでもあります。

価格は4万クラスだけど、価格が許す限りシマノ製パーツを
採用している傾向があるのがありがたい。
なんだかんだで、ハブまでシマノターニースペックですし。
100000025904_01.jpg
シフター Shimano ST-TX800, TOURNEY TX
100000025904_03.jpg
ブレーキ Shimano BR-T4000
Vブレーキ採用。しかもシマノエントリーMTB系「アルビノ」スペック
のVブレーキですよ!
真面目っすよね。

どこまでブレーキ重視のメーカーなんでしょ。



タイヤは1.5という太さなので、細いタイヤよりも変形しにくく逆に路
面からの抵抗が少なくスピードが出やすいと思います。

そりゃ段差にも強いタイヤの太さだけど。
普通にスリックだから、それなりに抵抗もなく走ってくれるでしょう。
ま、このKendaのホワイトカラーのタイヤがすり減ったら、個人的にシ
ュワルベにしようと思います。
あくまで個人的な好みで、シュワルベの固いタイヤが好きなんですよね。

100000025904_04.jpg
フロントハブはMTB系Shimano HB-RM70
4万円という価格帯で、シマノ製ハブですよ。
100000025904_10.jpg
6061アルミ, リアドロップアウト幅135mm
100000025904_09.jpg
クランクセット Shimano FC-M171, 170mm, 42×34×24T,
チェーンガード付

フロントディレーラ Shimano FD-TX800, TOURNEY TX
100000025904_06.jpg
B.B.パーツ Shimano BB-UN26 カートリッジ
100000025904_07.jpg
サドル VELO VL-3279
シートピラー KALLOY アルミ SP-248D, 27.2mm×300mm
シートクランプ KALLOY アルミ SC-204, 31.8mm
100000025904_08.jpg
リアディレーラー Shimano RD-TX800, TOURNEY TX
カセット Shimano CS-HG200, 12-32T
100000025904_05.jpg
ライトウェイ [RITEWAY]2015 パスチャー 26インチ 24段変速 通勤 通学 クロスバイク
100000025902_14.jpg
100000025902-l0.jpg
さすが日本人ビルダーが設計したクロモリクロスバイクですね。
(たまに展示会でネコ耳のコスプレをしているお茶目な方です。
でも、本当は凄いお方)


エントリー系ロードコンポ「CLARISクラリス」をドライブトレインの
みならず、前後のハブにまで採用していますよ。

元々ライトウェイのクロスバイクは、シマノ系コンポをふんだんに採
用してくることで有名ですが。

ブレーキもスピードコントロールがし易い様に、ロード用キャリパー
ブレーキSHIMANO BR-R451というティアグラスペックのブレー
キを採用してきています。

やはりロード系コンポを採用したモデルではあるので、車道などでの
スピード調整がし易い様に配慮したのでしょう。
だからこそ、タイヤもKenda K-196, 700C×26Cという細めの
ものを採用しています。
7万円という価格帯ながら、随分と高速仕様になったクロスバ
イクだと思いませんか??

あとデザインについてですけど、日本国内メーカーSUGINOのクラ
ンクを採用してクラシカルな雰囲気を強化しています。
SORAスペックのSL-R400 直付Wレバー変速ですからやはりその
辺も考えてあるな。

しかもフラットバーロードであって、Wレバー変速仕様というのもちょっと
珍しい一台です。

最近リア変速のみの、サムシフター仕様も流行していますけどね。

こうしてみると、全体的に質実剛剣というか堅牢に組んであるなという
印象を受けます。

クロモリフラットバーモデルながら、高速仕様のちょっと面白い一台
ではないでしょうか?

100000025902_15.jpg
ブレーキレバー Shimano BL-2400, CLARIS
高速フラットバー仕様ということで、クラリススペックのブレーキレバー
ですよ。
頼もしいですよ、個人的に。
100000025902_13.jpg
ステム KALLOY アルミ, 70mm
見た目はクラシカルだけど、最新のアヘッドステム
100000025902_12.jpg

ブレーキ Shimano BR-R451

偉い!! 

ティアグラスペックのシマノブレーキ採用!!

これで車道も怖くない!


100000025902_11.jpg

ここ! 見て下さいよ!!!

シマノロードのハブを真面目に採用!!


フロントハブ Shimano HB-2400, CLARIS, 32H

100000025902_10.jpg
リム(ホイールセット) Alexrimsrims X2000, アルミハイポリッシュ
100000025902_08.jpg
シフター Shimano SL-R400, Wレバー

ブレーキといい、Wレバーといい、クラリススペック以上のパーツを採用。
ま、変速操作の時にハンドルから手を離す必要がありますけどね。
100000025902_09.jpg
タイヤ Kenda K-196, 700C×26C
快適性や衝撃吸収性はクロモリフレームにまかせて、タイヤでスピードを
稼ぐ設計になっています。
夢のクロモリフラットバーロードモデルでもあります!
100000025902_01.jpg
100000025902_07.jpg
クランクセット SUGINO XD-2000D, 170mm, 50×34T
フロントはロードバイクと同じくダブル。
国内メーカーにこだわったスギノクランク。
100000025902_06.jpg
フロントディレーラー Shimano FD-2400, CLARIS
100000025902_05df.jpg
リアディレーラー Shimano RD-2400, CLARIS
カセット Shimano CS-HG50, 12-25T
チェーン Shimano HG-40
100000025902_04.jpg
100000025902_03.jpg
シートピラー KALLOY アルミ SP-248D, 27.2mm×300mm
シートクランプ KALLOY アルミ SC-205, 29.8mm
100000025902_02.jpg
サドルは鋲打ちクラシカル路線。
トップチューブのロゴデザインもなんだか凝っています。
100000025902_16.jpg
デザインを見ても、サドル、グリップ、タイヤのカラーをブラウンにして
クロモリらしいレトロ感を演出。
しかも、パーツはシマノ製で固めている生真面目さ。
一応高速仕様で走る事を想定した、クロモリフラットバーロードなので
ここまで仕様にこだわってくれると安心感があります。
ライトウェイ [RITEWAY]2015 シェファードアイアンF 700c 外装16段変速 通勤 通学 クロスバイク
100000019899_05.jpg
ちょっと、マニアックだけど何でも使えるスポーツ系
クロスバイク ライトウェイ シェファードスポーツです。
コンポ―ネントが実に充実していて、Shimano SORA
をフルスペックで採用。

ブレーキやハブまで、フルスペックでShimano SORAを実装して
います。
これは他のクロスバイクには無い傾向。

最近のライトウェイって、エントリーモデル程コンポーネントが
お買い得になっているモデルが多いです。
そんな中でこの、2014 RITEWAY SHEPHERD SPORTは予算のリミット
を外しつつ(10万程度)、ふんだんにロード系パーツをぶち込んだ
強力なクロスバイクに仕上がっています!

フレームも、通常の四万クラスクロスバイクモデル
シェファードシティとは違い、きちんと流線型&溶接跡を
丁寧に処理してあるのも好感が持てる。

こういうのもなんだけど、かなり生真面目に作られた快速
スポーツ系クロスバイクですね。
100000019899_04.jpg

タイヤはKenda K-191 700C x 23c, 黒
カーボンフォークを実装。
ライトウェイモデルにしては。カーボンフォークを
もってくるなんて珍しいでですね。
100000019899_03.jpg
100000019899_02.jpg
コンフォートグリップ。
長距離の場合、グリップ位置を色々設定できます。
やはりロード系クロスバイクということか。
100000019899_17.jpg
トリガーシフター&ブレーキ共に、シマノソラスペック。
やはり、ライトウェイのモデルらしくコンポは充実
しています。
100000019899_14.jpg
ちなみにこのカラーリングはブラックではない。
なんと「ダークボルドーパール」という。
さすがに、エアロ風というか滑らかフレームで綺麗ですね。
溶接面を滑らかにし、デザイン的にも美しい。
軽量アルミフレームが特徴。
100000019899_16.jpg
Shimano BR-R451 キャリパーブレーキ
珍しい事にMTBに使われるVブレーキじゃなくて、
ロード用キャリパーブレーキ。
100000019899_12.jpg
100000019899_13.jpg
コンパクトクランク Shimano FC3550 SORA 170MM
Shimano SORA
ここも凝っていますね。
普通は重いMTB系トリプルクランクなのに、
やはり軽量ロード系ダブルクランク。
こうして見ると、シェファードスポーツってスピード系
クロスバイクのテイスト。
むう。
100000019899_09.jpg
ハイドロフォーミング6061アルミ
うーん、やっぱり快適性の高い6061アルミを使用
してきたか。
このあたりはライトウェイクロスバイク。
ただ、軽量性だけを追求している訳でもないか。
100000019899_10.jpg
Shimano BR-R451 キャリパー
ここだけ見ると、ロードバイクみたいね。
やはり本格ロード系パーツを採用したクロスバイク
なんだな。
100000019899_07.jpg
100000019899_01.jpg
カセット Shimano CS-HG50-9 9-SPEED
リアディレーラー Shimano SORA
100000019899_08.jpg
通常ホワイトカラータイヤなど、デザインで遊び心が入るライトウェイシリーズ
ですけど。
このライトウェイ シェファードのタイヤカラーはロードバイク風にブラック
を採用しています。
2014 RITEWAY SHEPHERD SPORT(シェファード スポーツ) カラー:ダークボルドーパール 通勤 通学 クロスバイク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。