LenovoThinkPad E450レビュー

ここでは、LenovoThinkPad E450レビュー に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN3409bef (2)
b ef
LenovoThinkPad E450を購入したけど、こういう人は買っちゃ駄目!!

とりあえず、ThinkPad E450を購入して2か月使ってみたけど。
かなり露骨な感想を書かせてもらう。

とりあえず、こういう使用目的の人はThinkPad E450を買わない
方がいい!!

「家用ノートPCとして、使いたい方」


家用には、恐ろしく適さないノートPCですよ、これ。
DSCN3464b e (1)
Powered USB 2.0 x 1、Lenovo OneLink x 1、
USB 3.0 コネクタx 2、HDMI端子 有線LAN端子、AC電源コネクタ(OneLinkドックコネクタ兼用)

まあ、見てくださいよ。
ノートPC右側に、電源コネクタ、有線LANなどが集中しちゃって
いるんですよね。

右側でマウス操作するのに、これだけ配線系が集中しちゃうと
使いにくいのなんの!

要するに家用には、ちょっと使いにくい!
DSCN3467fcse.jpg
セキュリティーロックスロット、ファン放熱抗、PowerdUSB2.0、
オーディオコンポコネクタ
DSCN3464b e (2)
やはり放熱系が左側に偏っている分、コネクターなどの
接続部は右側が多いですね。
ですから有線LANで接続する場合、右側にケーブル類が
集中する事になります。
ですのでマウスで操作するとき、いくらかケーブル類が
邪魔。
出来れば無線WiFiか、ルーター環境下で繋ぐのに向いた
PCですね。
DSCN3468bved (1)
背面は接合部のみ。非常にシンプル。
(コネクタ、電源コネクタなど一切無し)
DSCN3484b e (1)
電源が入ったり、PCが駆動している最中にThinkPad
のiが点灯します。
キーボード面だけではなく、天板部分にも点灯部分が
あるので、天板を閉じた状態でも電源が入っている
かどうか確認可能です。
DSCN3474bve (2)
電源ボタンは右上のブラックカラー。
DSCN3475b ed (1)
DSCN3484b e (1)
DSCN3484b e (2)
リカバリーディスク用に16GBの格安東芝フラッシュメモリー
を用意!
とりあえず、DVDドライブを用意しなくてもリカバリーディスクは
制作可能。
brbr (1)
brbr (2)

ただしLenovoThinkPad E450はアウトドアで、無類&無双の機動性を発揮する!


ただしですね、LenovoThinkPad E450は外出先でモバイル
目的で使用する分には、最強なんですよ!
外出先なら、WIFI環境&バッテリー駆動(8時間は確実に駆動)
なので右側のコネクターを使用しなくても済みます。

薄いので、カバン、リュックなどに入れてもかさばらない上に
以上に軽い!(14インチの大画面で、この軽さは無双!! 最強!

さすがに極薄ではないですが、DVDドライブを積んでいない上に
バッテリー内臓なので、とてもシャープな印象。

また角が丸いので、手を傷つけることはありません。
PC本体はさらりとしていて、まるで高級な硬いスポンジの
様です……つまり、汚れに強い!


見た目が重そうなのに、持つと軽い。なぜかそのギャップがたまりません。

DSCN3474bve (1)

LenovoThinkPad E450が外出先でも、恐ろしく大量の文字を打ち易い!!

キーボードはアイソレーションで、キータッチは浅い。
キーボードそのもの作りはしっかりしていた。
かなり多くの文字を入力するのに適している。
(長時間キーボードを、タイピングしても実に疲れにくく
その上叩きやすい)
E450の真価は数多く文字を打つのに適している点にあると思う。
文字入力作業が多いノマド環境の方にピッタリ。
これなら、カフェでも作業し易いだろう。
キータッチオンは、ごく普通。静かでもないし、うるさい訳でも
ない。

つまり外出先で、長時間文字を打つなら間違いなくLenovoThinkPad E450 
は最高の機種だと言えます。
バッテリーは持つし、画面が14インチと巨大。しかも、軽くて薄くて
頑丈ときたものだ。
DSCN3424b e (1)
あとWINDOWS10なら、Corei3搭載モデル
メモリ8GBもあると、かなり高速で駆動するので一番安心できるスペックなのでは。
体感的にやはりセレロン&4GBは辛い……

あとバッテリーの充電は、フル充電の場合大体1時間程度で充電可能。
だから、バッテリー充電時間は出かける前でも用意出来る。
とりあえず、バッテリーも丸一日持つし外出先にコンセントを持っていく
必要は皆無。

とりあえず最後に
「家用ノートPCとして、LenovoThinkPad E450を使いたい方」は絶対買うな。激しく後悔するだろう。

逆に、「外出先で長時間文字打ちまくる方」にとっては救世主みたいなモバイルPCだ。
まさか14インチの大画面で、これだけ働いてくれるとは思ってもみなかった。
いろいろ調べたけど、モバイル14インチノートPCとしての使い勝手は、国内最高クラスだと自負する。
スポンサーサイト
DSCN3066vra (2)
Lenovo ThinkPad E450をレノボカスタムショップで購入しました!
たった5万円で、Core i3&メモリ8GB! 長時間バッテリー駆動高速PC
が手に入ったのでレビューします!!

うーむ。私は、5万円の力を正直あなどっていたのかもしれない!!
IMGP1626cs.jpg
Lenovo IdeaPad U350 29633XJ
実は上画像のノートPCの液晶がとうとういかれたので、買い替えるこ
とになっちゃんだんですよね……

壊れたノートPCはLenovo IdeaPad U350 29633XJ
14インチ でセレロン
バッテリー長時間駆動。(後日バッテリー容量を倍にした)
なんと2010年当時ながらメモリは4GBのノートブックPC。
DVDドライブ未搭載なので、軽量に14インチ画面のノートPCが
外に持ち運べることが利点でした。

結局5年近く、毎日持ち運んで使用。良くここまで壊れずに持ったよな……。

しかしレノボPCは初めてだったわけですが、IdeaPadながら、レノボの耐久性
の高さに感動!
5年間も、電車やアウトドア、ホテルに持ち込んだり、雨の日でも
普通に落ち運びしたり……
よくもまあ、あれだけの過酷な使用環境に耐えたものだ。


というわけで、今度はレノボのThinkPadのエントリー機を買うことにしたのですよ。


自分で設定した条件は
①出来れば14インチ。大画面。
②メモリ8GB(CPUよりもメモリ容量が多い方が、個人的に重要)
③バッテリー長時間駆動
④持ち運び可能な軽量PC
⑤DVDドライブは、必要なし(外付けを持っている)

以上の条件を満たすノートPCを探していくとThinkPad E450
が最終候補に。
DSCN3066vra (1)
ビックカメラ 有楽町店レノボカスタムショップ
というわけで急ぎでThinkPad E450を拝見しに、都内のレノボカスタムショップへ。

最初はネットのレノボ公式オンラインストアで、購入しようとしたんですけど。
レノボカスタムショップでシンクパッドの実物が拝見出るんですよ。
(キーボードのタッチ具合を確認したい)

というわけで午前中は、ビックカメラ 有楽町店のレノボカスタムショップへ(ここは短時間ちらりと
見ただけ)。
午後に、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaにあるレノボカスタムショップへ。
結局ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの方で、予約した次第です。
DSCN3066vra (2)

結局秋葉原のレノボカスタムショップで直販モデルThinkPad E450を
購入したんですけど。
しまった! 店内を撮影し忘れた。
この画像は有楽町店だけど、雰囲気はかなり近いと思う。
ただ、店員さんが秋葉原のほうがおもろかったし、為になる話が聞け
たのでこっちで購入することに。
lenovo-laptop-thinkpad-e450-front-1.jpg


プロセッサー インテル Core i3-5005U プロセッサー (2.00GHz, 3MB)
初期導入OS Windows 10 Home 64bit
ディスプレイ 14.0型HD液晶 (1366x768 光沢なし) ブラック
グラフィックス インテル HD グラフィックス 5500
メモリー 8GB PC3L-12800 DDR3L (1スロット使用)
ハード・ディスク・ドライブ 500GB ハードディスクドライブ, 7200rpm
ワイヤレス インテル Dual Band Wireless-AC 3160 + Bluetooth4.0
標準保証 1年間 引き取り修理
指紋センサーなし
バッテリー 6セル Li-Ion バッテリー (47Wh)


なんとメモリは最初から8GB!! いきなり8GBも付いてくるの!?
(サービス期間か何かでついてきた)
最新の第六世代じゃないけど、Core i3でメモリが8GBなら文句ないかな。
(画像処理とかする機会もある場合は、8GBあったほうがいい。)
しかも Core i3-5005U プロセッサーなら最大12.3時間もバッテリーが
持つそうだ。

(参考資料)セレロンなら10.7時間  Core i5で最大10時間。Core i7で
最大7.5時間。


それなら長時間バッテリーが駆動して、それなりに速いCore i3でOK。
価格も¥54788円とまずまず。

ウィンドウズ10仕様。
(ウィンドウズ7もまだ選択可能らしい。ビジネス関係で使用するなら
7を選択する場合がおすすめだとか)

あとポイントは、無線LANにインテル Dual Band Wireless-AC 3160 + Bluetooth4.0
という、最高速最大433Mbpsのモデルを選択。

多少はモバイルルーターや、無料Wi-Fiの接続環境が良好になればな……と
思い選択する事に。
ほら、ノートPCにとって無線LAN環境って、生命線じゃないですか?
特に、モバイルルーターや無線ルーター環境下なら、個人的に最重要。
lenovo-laptop-thinkpad-e450-cover-6.jpg


ThinkPad E450は約1.81Kg、最薄部約24.4mmと大画面14インチ
ながら持ち運び可能なサイズと重量だ。
新型のThinkPad E450は約1.92Kg。
となると、キーボードのたたき具合もいい感じだし、これにしようと即決断。

ちなみに店員さん曰く、ThinkPad E450ぐらいの重量だとカバンでは
若干重さを感じるらしい
(不可能というわけではない)
だから、リュックで持ち運びするのに丁度いい重量&サイズだそうだ。
とはいえ、1.81kgなら片手で持てる重量だ。


ちょっと不安だったのは、ThinkPad E450はバッテリー内臓で外せない事。
バッテリーの交換は2~3万程度かかるらしい。
内臓だから、14インチながらコンパクトで軽量なんですね。
となると、バッテリーがどこまで持つかが勝負になるな。
それが分かるのは2~3年後か。

ちなみにリカバリーディスクは、16GB容量のメモリーステックを用意す
れば簡単に可能だそうだ。だから
ThinkPad E450を購入される方は、前もってメモリースティックを用意
しておいた方がいいかもしれない。
(ちなみに、CDやDVD仕様のリカバリーディスクは元々付いてこない)
fvwarawfc (1)
現金¥54788円をヨドバシカメラ マルチメディアAkibaのレジを
通して支払う。(12月14日時点でのThinkPad E450価格)

12月15日に注文して、到着は12月31日~1月6日を予定。
注文が入ってから、中国で製造及び配送してくれるらしい。

しかし実際に届いたのは、予定より早い12月26日朝だった。
大体注文してから10日ほどで到着してしまったことになる。


配送業者はヤマトで、時間指定はできない。
いずれにしても、年末なのにあっさり10日で到着したことが
ありがたい。
fvwarawfc (2)
vaav (1)
箱は二重になっており、厳重に梱包されていた。
にしても、ThinkPad E450軽いな。
箱からでも、このPCの軽さが分かる。
vaav (2)
ThinkPad E450はグリーンのプラスチッククッションに梱包
されていた。
これなら箱を地面に落として多少の衝撃を与えても、本体にダメージ
が受けにくいかもしれない。
DSCN3454frae.jpg
DSCN3358frva (2)

さすがに、カーボン系ノートPCには重量面で負けるけど。
14インチサイズながらThinkPad E450を片手で持てなくもない。
んー、しかもシンプルでカッコいい!
デザイン面には全く期待していなかったけど、これ、デザインが
いいな。
内容物はPC本体。電源コード、AC 電源アダプター そして簡単な
説明書。
シンプルだねー。
では後日、開封後のレビューをします!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。