2012年03月

ここでは、2012年03月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP2576.jpg
( ;゚ω゚)……うーん、アホな話ですけど、私は一眼レフを購入したは
いいが、カメラケースをまだ購入していなかったんですよ。

正直一眼レフカメラを買ったはいいが、カメラケースがないおかげで
外に持ち出しにくいという、間抜けな事態に。
おかげで家の一眼レフは、箱入り息子状態に。

でも、あんまりケースにお金かけたくないなあ……と思っていたら
ELECOM GRAPHGEARという折り畳みケースが、アマゾンで安かったので
思わず購入。
(まあ、評価も高かったし)

で、届いたケースを見てみたらなんとロールケーキの様に収納
されているじゃないですか?
(´・ω・`)……唖然としましたね。

IMGP2572.jpg
で、右にあるのが箱入り一眼レフペンタックスK-Xです。
滅多に外に連れ出さないので、実に綺麗です。

(`・ω・´)bぶっちゃけサイズ合わせはぶっつけ本番!
IMGP2577.jpg
IMGP2580.jpg
なぜか、カメラケース本体は、マジックテープで固定されています。
正に折り畳みカメラケース。
IMGP2581.jpg
IMGP2604.jpg
早速カメラケースを展開して、一眼レフカメラを収納してみます。
ちなみに、一眼レフの大きさは標準。
(レンズキットですね)

( ゜∀゜) 何ということでしょう。適当に選んだのに、いい感じで
収納されてゆくではないですか!

IMGP2605.jpg
(;゚ω゚)おおお、きちんと入った!
しかも、まだ若干余裕があるぞ!
これならズームレンズを取り付けても余裕、余裕。

しかも、生地に収縮性があるので普通サイズのデジカメ
一眼なら平気そうだ。
ただ、大型一眼はNGだと思う。

IMGP2582.jpg
IMGP2583.jpg
(´・ω・`) ちなみに固定はマジックテープですね。
開閉時に、音がしない様な設計になっているそうですが
結構バリバリと音がします。
IMGP2592.jpg
裏地はポリエステル。
なんだか、フエルト生地みたいだ。
厚みが結構あるので、これならカメラも傷つかないだろうなあ。
IMGP2599.jpg
(´・ω・`)しっかし、軽いカメラケースだなあ。
しかも、まるでやわらか戦車の様に柔らかい。
まるで、カメラケースに見えないところが嬉しい。
(ほら、なんかいかにもカメラケースみたいな仰々しさはなんか嫌じゃ
ないですか)

ちなみに、収納した状態からカメラケースにした場合、シワの様なもの
が出来ます。
うーんと、大体一日程度でシワは消えますね。
シワが気になるなら、常にカメラを収納しておいた方がいいのでは。
IMGP2589.jpg
裏面のクッションでふわふわ。
ただ勘違いしないでおきたいのは、このELECOM GRAPHGEARに一眼レフ
カメラを入れた状態で床などに落とすと不味いと思う。
(´TωT`)……そこまで強力なクッション性はないっす。

IMGP2586.jpg
ストラップホールド付です。
IMGP2587.jpg
カメラのストラップをケースに留めることができるストラップホール
ドが付いていますので、カメラを取り出したあと、ケースをカメラ
のストラップに取り付けたまま撮影することもできます。

ケース自体は恐ろしく軽いので、そういう使い方が出来るという事。
IMGP2590.jpg
レンズキャップポケット付
開閉部の上面には、レンズキャップを収納できるポケットが付いています。
収納場所に困りがちなレンズキャップを、いつも同じ場所に入れておくこ
とが可能。
(´・ω・`)……芸が意外に細かい。

IMGP2603.jpg
ケース自体が柔らかいので、一眼レフカメラを一時的に置く
場合のクッション代わりにもなります。
(`・ω・´)何気に撮影時には、このクッションが便利、便利。
IMGP3804a.jpg
これがパッケージに付いていた、対応機種表です。一応目安程度に。

(まとめ)
(`・ω・´)まあ、これで800円なら出来すぎだと思う。
軽いし、かっこいいし。
何より、軽いので思ったよりも手軽に扱える。
なんとなく一眼レフカメラがコンパクトカメラ感覚になってきた。

マイナス点は、完全防水じゃないし、カメラごと床にたたきつけたら
NGな点かな。
あと、バッテリーやSDカードを収納出来ないあたりが弱点。
まあ、そこまで収納性を持たせるならより高価なカメラケースが必要に
なってくるんでしょうね。
スポンサーサイト
IMGP2561.jpg
( ゚∀゚)はい、自宅にアマゾンから到着した新エネループです。
今回は単3、単4を両方買いましたよ。上の画像は
単3形4本 HR-3UTGB-4です。
驚異の1800回充電可能な、怪物バッテリーですよ。
もちろん、新エネループも信頼の日本製。


満充電しても、5年後70%容量維持するというモデル。
(常温保存の場合)
5年……気が遠くなりそうだ。
災害対策用&デジカメ用を兼ねて購入。

( ;゚ω゚)……なんか、若干外側のフィルムが汚れている様な……何があった?
アマゾンめ……まあ、ずぐはがすからいいけどさ……
折角の抗菌加工の外部フィルムなのに……なんかもったいない。


IMGP2560.jpg
(´・ω・`)……これが単4形4本 HR-4UTGB-4ですね。
ひたすら、コンパクトなパッケージ。
これは、TVコントローラーと携帯ラジオ用ですわ。


IMGP2562.jpg
IMGP2563.jpg
 (`・ω・´)5年後でもすぐ使える高品質! というのが新エネループの売り。
製造年月日をきちんと背面パッケージフィルムにプリントしてありました。
この西暦を参考にすればいいわけですね。
IMGP2564.jpg
IMGP2565.jpg
(´・ω・`)外のフィルムを剥がすと、ブルーのケースが出てきます。
そのケースをスライドさせると、エネループ乾電池が登場。
簡易ながら、収納ケースも兼ねているという訳ですね。
まあ、ちょいペラペラケースだけどさ。
収納する分には十分。
IMGP2567.jpg
左が新エネループ。右が旧エネループ。
( ;゚ω゚)……一見まるで見分けがつかない……
IMGP2568.jpg
……と思ったら、新エネループの王冠マークに一本
のラインが入っていることを確認。

(´・ω・`)……そうか……王冠で判断すればいいのか。
IMGP2566.jpg
ちなみに、出荷時に太陽光発電で充電されていたそうな。
芸が細かいねえ。
そこまでエコにこだわる威勢は立派。
IMGP2571.jpg
(`・ω・´)今回購入した新エネループは、全てのエネループ充電器
に対応しているそうで。
手持ちのeneloop 急速充電器セット(単3形4個セット) N-TGR01AS
でテストしてみることに。

IMGP2569.jpg
新エネループ単3形4本 HR-3UTGB-4をN-TGR01ASにセット。
( ゚∀゚)……うん、充電いけますね。
充電後は、人肌程度に温まっていたかも。
充電音は、特にしなかったですね。
何度も使った訳でないので、後日差が出てくるかもしれせんが。
IMGP2570.jpg
新エネループ単4形4本 HR-4UTGB-4もセット。
( ゚∀゚)……これもOK。
単四の場合は斜めに入れるのがポイント。
という事は、手持ちの充電器でOKですね。
初めから、エネループ用充電機を所有している方は買い足す
必要はないのでは。

まとめ

( ゚∀゚)ぶっちゃけ、単3形4本 HR-3UTGB-4をペンタックスK-xで使
用してみたけど、いけますね!
やっぱり、バッテリーの減りが少ないしパワーがいい。
乾電池のパワーが弱いと、一眼レフの動きはひ弱になりますからね。
元々、ペンタックスの一眼レフはエネループを推奨していますけど。
うん、うん、納得の完成度。

不満があるとしたら、そうだなあ。
出来れば新エネループだとすぐわかるような、デザインの違いがあっ
ても良かったかも。
あとアマゾン、綺麗に梱包してくれよ……折角サンヨーが綺麗な
パッケージを用意していたというのに……。

ま、これから長期に渡って一眼レフを、旧エネループと新エネループ
を交換しながら使用する事になるけど。
長い付き合いになりそうですよ。
31KTK+Fq73L__SL500_AA300_.jpg
( ゚∀゚)アハ 最近ウルトラブックが結構出ていますけど華やかなデザインと
軽量さを味わいたいならU21E-KXROSEですかね。

重量はたったの1.1kg台。しかも厚みも2cm以下ですからね。
更に128GBのSSDを搭載しているのがポイント。Core i5-2467M プロセッサー
超低電圧版との相性がとても良く、Core i7すら圧倒する速度をみせて
くれます。
やっぱりSSDの恩恵は大きいんだなあ。
むう……HDDとの差がここに表れている気がする。

ちょいと残念なのがバッテリーが5時間弱という事かな。
一応モバイルノートですからね。

まあ11.6インチのもち運びを重視したウルトラブックながら、S中身が
いいのは間違いないのですが。
飛び石を意識した、キーボードも桜色。
デザインと中身、そして持ち運びなどの機能性を持たせたちょっと
面白い一台。
鞄にいれても、全然邪魔にならないコンパクトサイズなのも注目。

(´・ω・`)……SSDを搭載したウルトラブックなので、機能性重視で買ってもいいし
デザインで買ってもお得なモデルではないかと……
photo14.jpg
14インチ液晶パネルを搭載した、大き目のUltrabookH「ENVY14-3000 SPECTRE」

CPUはインテル Core i7-2677M。
128GBSSDを2台搭載しているので、256GBのSSDを搭載しているおかげで、超高速
でデータへのアクセス可能。

①メタルとガラスが融合した薄型デザイン
②LEDバックライトが鮮明に輝くラディエンス・キーボード
③約9時間30分
薄型デザインはかなりいいし、Beats Audio™ステレオスピーカー
もうウルトラブックとして、やれるべきことは全てやったという感じ。

ただし、価格は15万以上と飛びぬけているのも特徴といえば特徴。

14インチ液晶でウルトラブックを楽しみたい方にお勧め。


(´・ω・`)……なんかアップルみたいなデザインだな……
まあ、それだけ薄いという事かしら……



81FXc8uJSOL__AA1500_.jpg
出ましたねえ……
CPUにCore i7搭載な上に、メモリがなんと8GB
更にブルーレイドライブ搭載で6万ですよ。

(`・ω・´)……AS5750-F78F/LKのディスプレーは15.6インチ。
TFT カラー液晶なのはいいとして……

バッテリーが4時間程度と、重量が2.6kgなのが多少ネックなの
かもしれません。

AS575シリーズの中でもフラグシップモデル的な位置にいますが
相当価格を抑えて高性能のCPUを手に入れる事が出来るのが
魅力かな。

春モデルではあるんですが……まだ価格は9万位かと思っていたので
ちょっとこの低価格はかなり意外。
サラウンドドルビーアドバンストオーディオv2を搭載しているので
映画の再生時など、結構サウンドが良質なのは隠れた魅力かも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。