2012年08月

ここでは、2012年08月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP3839.jpg
(`・ω・´)b SONYの噂のハイエンドコンパクトデジカメDSC-RX100ですよ。
これを知ったのは、DSC-RX100ユーザーの画像を見た
のがきっかけかな?
なんか異様に画質が良かったので、てっきり
コンパクトデジカメだとばかり思ってしまった
訳ですよ。
2020万画素に、通常のコンパクトデジカメの4倍のCCDセンサー。
大口径カールツァイスと、正直通常のコンパクトデジカメとは違う仕様。
一眼レフ&ミラーレスに近い性能を誇るハイエンドコンパクト
デジカメなら、気軽に持ち運べる上に高画質のレビュー画像が撮影出来ると
思い手にとりました。
……すげえ、アルミボディがカッコイイ。
IMGP3833.jpg
結構鏡胴がでかいんですね。

独ツァイスレンズを持ってポケットに……という贅沢を味わえるそうだ。

IMGP3835.jpg
手にとってみる。
本当にコンパクトデジカメだ……どうにもこうにも、このDSC-RX100が
NEXに迫る性能を持っている様に見えない。
だけど、確かに高精密が画像が撮影出来てうなるんですよねえ。
IMGP3834.jpg
電源、シャッターにズームレバーに、モードダイヤル。
特にモードダイヤルが、まるで一眼レフの様です。
マニュアル操作でズームや絞りといった基本操作の他に
スタンダード、露出補正、ISO感度、ホワイトバランス、
など設定可能。
結構硬めなダイヤルだったかな?

IMGP3836.jpg
撮影してみると、NEX-F3に近いシャッタースピード。
つまり、速い。
液晶は高精密だけど、色合いはNEXシリーズの方が鮮やかに思える。
IMGP3865.jpg
Fnボタンを押すと露出補正、ISO感度、ホワイトバランスなどの
項目が並ぶので左右キーで選択し、リングを回してコントロール。

要するに、Fnを押すとコントロールリングから値を簡単に調節できる
と言う訳か。

この辺りの操作感もNEXに近いなあ。
慣れがいるかもしれないけど。

IMGP3866.jpg
カスタマイズの設定画面。

IMGP3831.jpg
確かメニューボタンを押してもモードダイヤルと同じように
液晶画面で操作可能。
IMGP3832.jpg
(`・ω・´)……個人的にかなり気に入った一台。
これなら、高級感もあるからスーツを着て撮影してみても
違和感はないだろうし。
しかも、周囲の人々にも一眼レフ程の圧迫感はないだろう。
風景撮影には最強だと思う。
問題は、接写となるけど……うーん。
この間DSC-RX100で撮影したホテルのオムレツ画像がとにか
く美味しそうだったんですよね。
あの独特の食欲をそそる画像はDSC-RX100でしか出せない
と思う。
価格が現在5万程度。
実は45000円まで価格が落ちるのを待っているんですが。
タムロンのマクロを買った後なので……はは。
この記事が終わったら、またタムロンマクロAF90mmで遊
ぶ予定です。
ま、とにかくですね? 外出用のデジカメとして
凄まじく! 欲しい訳ですよ。
ソニーストア
スポンサーサイト
IMGP3822.jpg

いや、実は先日ホテルの朝食を一眼レフで撮影した所、凄い注目を浴びて少し
気まずい状況になりまして。
でもコンパクトデジカメだと、最近画質の荒さが目立つ気がしてきてしまいました。
という訳で、SONYのミレーレス一眼NEX-F3を見てきました。

(´・ω・`)……とりあえず、一眼レフに関してマクロレンズを導入した事もあり
レビュー記事用の画像は後日向上すると思うのですよ。
ところがですよ?
一眼レフの場合、家の中でレビュー画像を撮影する分にはいいのですが、外出先で
は非常に邪魔&目立つ訳でして。
(ちなみにこの画像はお古のコンパクトデジカメです)


NEX-F3のリアルな感想としては、
確かに使いやすい。でもまだレンズを取り付けた際のサイズがでかいかな?
というのがリアルな感想。
IMGP3823.jpg
180度回転モニターは確かに、被写体を目視で見つつ、モニターでの構図やカラーを
確認するのに適している。
これに関してはいきなり撮影してみたけど、凄い助かった。
IMGP3826.jpg
実は食べ物を多く撮影する事になるので、花をこれだけ鮮やかに撮影出来た
事が凄い。
ちなみに花を個別に9個程度、同時認識した。
これにはびびった。
だから、一個一個の花が非常に鮮やか。
特に説明を受けたわけでもないのに、コントロールリングをサクサク
動かせた。
つまり、ミラーレスモデルとして、かなり操作性がシンプルで簡単だった。

IMGP3882.jpg

ちなみにこちらが、NEX-5Nの液晶パネル。
全然画質に関しては、NEX-F3は負けていない。
tc4_search_naver_jp.jpg
シャッタースピードも、かなり高速で瞬間的。
APS-Cサイズのイメージセンサーを積んでいるだけあって、画質に関して
はまるで不安はない。
IMGP3827.jpg
ただ、レンズがでかいんだよね。
どうしても、想像以上にでかい。
ポケットにいれておくには少し辛いかな?
ただ、一眼レフよりも他者に対する心理的な圧迫感はないとは思う。
IMGP3829.jpg
IMGP3843.jpg
このレッド系カラーもクールですね。
IMGP3830.jpg
IMGP3877.jpg
右側に赤いボタンがあるじゃないですか?
この赤いボタンを押せば、ワンタッチで録画出来るんですよね。
いちいち、パネル操作しなくても動画モードにワンタッチで移行
出来る。
これが個人的にかなりでかい。
(年から年中動画撮影するので)
ついでにUSB充電も可能らしく、PCから充電可能。
これで4万クラスというのは、個人的にはちょっとしたものだと思う。
IMGP3876.jpg
ちなみにこちらは、NEX-5Nです。
別にNEX-5Nでなくてもいいかな……。
まあ、NEX-5Nは更にボディが薄いんですけどね。
でも、NEX-F3とそう持ち易さに差はないかな。
結局この後、話題のハイエンドコンパクトデジカメDSC-RX100
をチェックすることになるのですが……結構衝撃を受けました。

ad.jpg
(`・ω・´)b TAMRON SP AF90を使用して、ホテル内で撮影練習をしました。
ええ、マクロレンズですから小物とか虫、花なんかを撮影するの
に向いているのは分かっていますが。

最近なぜか忙しく? なかなか撮影練習する場所がないのでやむを得ず
ホテル内で頑張ってみました。
マクロレンズTAMRON SP AF90のボディは、もちろんPENTAX K-xです。

IMGP5510a.jpg
IMGP5445a.jpg
庭をレストランから撮影。
ノマドらしからぬ? 撮影場所ですね。
(そういえば、ノマドらしい場所ってどこだ?)
( ;゚ω゚)……撮影して分かった事は、風景をこのタムロンマクロレンズで撮影する
場合、かなり距離を必要とするのですね。
良く考えたら、望遠マクロレンズだから当たり前か?
でも、今回は体でその距離感と感覚をつかむための練習。

これでも対象物から、10m以上は離れていると思う。
あれー? 画面に風景が入りきらない。
30mは距離が必要か?
でも、なかなか距離が必要なんだなあと、感じました。
IMGP5263a.jpg
IMGP5472a.jpg
飲みかけのコップを撮影。
2mは離れた場所からの画像だけど。

ああ、やっぱりタムロンマクロSP AF90(タムキューっていうの?)は
それなりに、対象物から離れないといけないんだなあと思う。
とはいえ、今までのレンズキットとは描写力が桁違い。
やっぱりマクロレンズにして正解だった。
IMGP5508a.jpg

オムレツやパン、サラダを撮影。
悲しい事に食事中に、席を立って1.5m程距離を稼いで撮影。
ホテルマンが「このお客様何していらっしゃるのですか?」という感じで
不思議そうな表情。
( ;゚ω゚)……ええ、私も自分のしている事が不思議です。
うーん、パンの皿が画像に納まりきらなかった。

でも、オムレツがかなりうまそうだ。
これはマクロレンズならでは?
どうしても、コンパクトデジカメだとこの質感や色が出せないん
だよなあ。
オムレツ単品に絞って撮影すべきだったか?

もしかしてTAMRON SP AF90ってマクロレンズは体育会系
ですか?
凄い体を使うのですが。
まだISO感度とか、コントロールは全然。
パニックになりながらも、なんとなく対象物との距離感が分かって
きた様な気がする。
IMGP548a.jpg
一応対象物に10cm程まで近づいて撮影も出来るらしい。
「接写」という奴か?
来週には、何か小物を使って練習したい。
( ゚∀゚)でも、面白い画像がいっぱい撮影出来て楽しいね。
IMGP3771.jpg

(`・ω・´)b ということで、マクロレンズを購入しました!
どうしても、商品レビューの場合デジカメを接写して撮影するじゃないですか?
その画質強化が狙いです。
最近どうもデジカメ撮影の画像が粗いので、不満だったんですよね。

結局マップカメラさんでTAMRON SP AF90 F2.8 Di マクロ 1:1 272Eを通販購入。
中古ですけどね。


昆虫、花、フィギュア、小物まで被写体との距離を十分にとって撮影可能。
風景やポートレート撮影はもちろん、望遠マクロレンズとしての使い方も。

通販といえど、担当者の方と電話で品物の状態について、やり取り出来たので購入を
決意。
22000円でした。

あと600円程度で一年間の安心保障もついてくるので、オプションでつけました。
こういうオプションは、ヤフオクなどではありえないので凄く助かります。
IMGP3772.jpg
しかし、大きいですね。
マクロレンズって、結構コンパクトなイメージがあったけど。
並品扱いだったけど、全然汚れていなくて綺麗。
出荷時にクリーニングしてくれたのかな?
IMGP3776.jpg
ヽ('∀`)ノ ってなわけで……マクロレンズをペンタックスK-xに装着!
おお、すげえかっこいい!!
いきなり戦闘力が増した感じ。
IMGP3779.jpg
IMGP3781.jpg
レンズの設定を、オートフォーカスかマニュアルフォーカスに設定する場合、筒を
スライドさせる方式なんですね。
てっきりボタンで選択するかと思いました。
IMGP3782.jpg
いいじゃないですか? まるで艦隊戦でも始まりそうな勢い。
銀英伝でいうと帝国軍というよりは、同盟軍かいな?
IMGP3783.jpg
ELECOM GRAPHGEARケースに、ぎりぎり入った。
本当にぎりぎり。
結構収容力があるのね。
でも、ちょっと辛いかな?
マクロレンズ用のカメラバッグも検討する必要があるかも。
IMGP3786.jpg
IMGP3787.jpg
撮影時、筒がのびますねー。
あくまでペンタックスK-xの場合についてですが
レンズ本体はマクロフォーカスにして、ライブビューで撮影するのが
一番しっくりします。
IMGP5229.jpg
IMGP5231.jpg
マクロレンズ初心者らしく? お花を撮影。
(どうも、花や葉、昆虫を撮影するのが通過儀礼らしい)
確かに大きく拡大で撮影出来る。
今までのレンズキットとは、明らかに別物。

被写体の外側がボケるというのが、タムロンマクロの特徴だとか。
IMGP5232.jpg
本当に美しく撮影できるものですね。
あとは練習あるのみ?
実は動画がどの程度美しく撮影できるのか凄い気になる。


(`・ω・´)どうもこのレンズの実力はこんなもんじゃないらしい……
どこまで力を引き出せるか……
まるで、UCガンダムですね。
|ω・´) 最近純正品意外のプリンターインクとか、随分値下がりしてきましたね。
なんかホームセンターなんか見ていても、一個600円位の再生品とか出てきていて。
実は私は、3年前からずっとオアシス電気さんのプリンターインクを使用しています。
価格はなんと、一個140円。
( ;゚ω゚)……いや実は最初、純正品のインクを真面目に使っていたんですよ。
エプソンの複合型プリンターを使用していまして、コピー機能とか文章を大量に印刷
しなきゃいけなかったので他の人よりも頻繁に使用する機会が多かった訳です。
そしたら、インク代だけで月に
5000円以上使うはめになりましてね。
確か文章印刷を、一日100以上しなきゃならなかった時かな?
もうこれはあかんなあ、というわけで楽天のオアシス電気のインクを見つけた訳です。
IMGP3281.jpg
( ;゚ω゚)……ここだけの話、最初このインクを使う時はかなりおっかなびっくりでしたよ。
プリンターが壊れたらどうしよう? とか本気で心配しましたからね。
だって、140円程度でしょう?
ところがどっこい、文章印刷に関しては純正品とほとんど差が無いわけですよ。


IMGP3284.jpg
こんなふうにヤマト運輸のメール便で送られてきます。
送料はなんと無料。
まあ、レビュー書かなくちゃならない訳ですけど。

だから家に帰ってくると、このインクがポストとかに入っている訳ですよ?
かなり不思議な光景ですよね。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ\ / \ /  \
IMGP3299.jpg
こんなふうに、合計8個のインクが入っている訳です。
しかも、インクの種類はこちらから注文時設定可能。
黒が欲しいなら、8個全てブラックにもできるし。
基本はシアン、マゼンダ、イエロー、ブラックが二個ずつという形になっています。
IMGP3301.jpg
ヽ('∀`)ノね? 1120円でしょう?
まあ、今回はポイントで一気に購入したわけですけど。
IMGP3286.jpg
140円といっても、なんと3年保証。
しかもきちんと一個一個丁寧に真空パックしてあります。
開封したら、6か月で使ってね? という案内が記載されています。
IMGP3287.jpg
真空パックを外した状態。
結構プラスチッキーな感じ。まあ、中身で勝負のインクですね。
IMGP3291.jpg
IMGP3290.jpg
使用前に、テープを外す儀式があります。
IMGP3289.jpg
後は、オレンジの留め爪を外します。
実はたまに、この仕様が変わったりします。
IMGP3294.jpg
 (`・ω・´)b あとは、普通にプリンターに装着。毎回感心するのは、この純正以外
であるオアシス電気のインクを使用しても、PCに警告文が表示されないのですよね。
(ホームセンターの再生品みたいのは、純正品以外なので保証しないみたいな警告文が出る)
IMGP3759.jpg
(`・ω・´)……あとは、文字とかがにじまない様に「丁寧、綺麗」印刷に設定しておけ
ば文字印刷がとても綺麗に出来る!
連続3年使っても、プリンター自体は調子いい。
ただ、画像印刷は少し鮮やかさと色合いが鈍いかな? 
さすがに、純正品の方が画像印刷に関しては上の様な気がする。
写真印刷には向いていないけど、HPや文章、モノクロコピーには十分というにが
正直な感想。

(´・ω・`)……基本的に、これからもこのインクを使うと思いますよ?
だって、純正品ならこれだけ買って8000円!
オアシスなら1120円。しかも、プリンターとの相性もなかなかいい。
とりあえず、文章やモノクロコピーを大量に印刷したい方はこれじゃないかな。
ここだけの話、インク量を気にしないで毎回豪快にプリントアウト出来るのは、心の
底から助かる。
もちろん純正品じゃないから、自己責任ではあるのですがね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。