2014年05月

ここでは、2014年05月 に関する情報を紹介しています。
DSCN4643.jpg
アンジェリーノ プティットeの展示車を、ブリヂストンスタッフ
の方にお願いして見学させていただきました。
ブリヂストンで販売されている3人載せモデルの中でも、一番
チャイルドシートの位置が低いそうです。
要はこれなら、お子様を降ろしたり、乗せたりすることが楽に
なります。
DSCN4644.jpg
あとチャイルドシートが、お子様を覆う様に出来ているのです。
お子様の体を全体的にカバーする様なデザインになっている
点が、アンジェリーノの長所ですね。
他のお子様乗せ自転車と比べても、この画像を見ただけでクッション
カバーがしっかりしているのが分かります。

ベルトや、頭を守る為のヘッドガードなどが付いています。
また、チャイルドシートの形がリクライニングシートになっているので
お子様が座っても疲れにくい設計になっていますね。
ただし、やはりチャイルドシートを使用する際に、ヘルメットは
しっかり着用すべきです。
DSCN4645.jpg
ベルトや、頭を守る為のヘッドガードなどが付いています。
また、チャイルドシートの形がリクライニングシートになっているので
お子様が座っても疲れにくい設計になっていますね。
ただし、やはりチャイルドシートを使用する際に、ヘルメットは
しっかり着用すべきです。
DSCN4657.jpg
チャイルドシートの高さも、円形のレバーを回すことで
調節可能なんですね。
DSCN4659.jpg
車体の高さは1m53cmと、低いです。
チャイルドシートを中心にした設計。
まず自転車を設計してから、チャイルドシートを乗せた設計
ではなくて、まず安全かつ快適なチャイルドシートありき
なんですね。
DSCN4658.jpg
お子様を乗せても、視野がきちんと確保出来ると思います。
またこのイエローは、デザイン性が高いカラーリングと
いうだけではなく、車から見ても目立つはず。
DSCN4649.jpg
やはり、チャイルドシートを支えるフレームなので
しっかり作ってある。
安定性を最重要視した、極太タイヤ。
上にチャイルドシートが配置されているので、これ位の
太さは間違いなく必要。
あまり進まない様に見えますが、ギア比を調節してあるので
一漕ぎで、ママチャリ以上に進むはず。
パンクに強く、抵抗のすくない4.5インチサイズのタイヤです。
DSCN4650.jpg
乗り降りし易い極太フレーム。
アルミフレームで、ここまで太いサイズというのも凄いですね。
DSCN4651.jpg
DSCN4653.jpg
ペダルには、滑り止め防止加工を施してあります。
DSCN4656.jpg
サドルも、随分昔よりも巨大になりつつ、クッション性も高く
なりましたね。
しかも、デザイン性もレトロ感がなぜかあります。
お尻を守ろうとする配慮だとは思いますが。
昔のアンジェリーノって、もっとサドルがそっけなかった
のですよ。
DSCN4654.jpg
DSCN4655.jpg
リアキャリア―が、なかなか骨太設計。
これなら、リアチャイルドシートもしっかり乗せられそうです。
DSCN4648.jpg
8.7Ah 12.8Ahバッテリー搭載モデルがあるそうです。
このモデルはアンジェリーノプティットe「A20L14」
12.8Ahバッテリー搭載モデル。

一回の充電価格は電気代10円程度。

アンジェリーノはパワーがある上に、カーブや小回りなどが得意
なんですよ。
見た目は重そうですが、自分は機敏に走りまわれる電動アシス
ト自転車という印象を持っています。

頻繁に坂道や、街での買い物の際、ハンドルを切る場合が多い
場合に力を発揮します。
特にお子様を乗せた際の、ハンドルの安定感と、カーブのし易さ
には感動するのでは。
あとお子様を乗せて運ぶ際の、安全性が極めて高いモデルでは
ないかと。
チャイルドシートがメインの電動自転車ですからね。
2014 ブリヂストン アンジェリーノプティットe「A20L14」 20インチ 12.8Ah 3人乗り対応 電動自転車
DSCN4680.jpg
子供乗せ3人対応の電動アシスト自転車、bikke2-eに試乗して
みました。
さすがにお子様は載せていない状態での試乗ですけど。
ただ試乗コースは、坂道が多かったので登り坂で走った場合のビッケの
性能を体験する事が出来ました。

実際乗った感じ、直線安定性に強い電動アシスト自転車なんですね。
これは、走りがとことん安定しまくっているわ。
もちろんカーブもそれなりにこなしてくれるけど、どちらかというと長い距離
を走るのに向いていると思う。
DSCN4668.jpg


(道路などの段差に強いか?)
それなりの段差でも、乗り越えますね。ただし、お子さんや荷物を積んでいる
場合は不明。
ただし、通常の自転車よりも段差を乗り超える能力が高いと思う。
やはり、タイヤサイズが太いのが利いている。
DSCN4662.jpg
(坂道にとことん強い電動アシストモデル)
パワーモード(強)、通常モード、エコモードの3段階のパワーアシストを設定
できるのですが、一番弱いエコモードでも、楽々坂道を登っていく!
これは楽だ!
あえて、電動アシストとペダルの感覚を数値化すると
電動アシスト:脚力=7:3
位ですかね。

じゃあ、一番アシストパワーの強い(強)モードなら、どれだけ走るん
だろう?  そう思って設定してみたら、ペダルを漕ぐ感覚が消えて
しまった。
見た目よりもパワーが凄い!
これだけのアシストパワーがあれば、お子様2人載せでもパワフルに坂道を
こなしてしまうと思う。
DSCN4663.jpg

電動アシスト自転車にお子様を乗せる際、ヘルメットは絶対必要です。
ヘルメットカラーも、コーディネート出来ますよ。

(それにしても、パワーモードがヤバ過ぎる)
試乗した時、体がへとへとだったのですが、このビッケが体の疲労に関わりなく
勝手に走ってくれるのには、驚愕した!
とはいえ、走りはスポーツ系というよりは、長時間&長距離に向いているとは
思う。
もちろん、街中でもしっかりこなしてしまうだろう。
DSCN4669.jpg
ライトはホワイトカラーで、砲弾タイプ。
この太いタイヤのおかげでお子様を二人載せても安定するし
段差のある路面や荒れ道でも快適に。
DSCN4675.jpg
低床フレーム。ここから脚で股ぐ形で乗る事になります。
DSCN4676.jpg
DSCN4678.jpg
グリップシフターなので、グリップを掴みながら変速操作が
可能。
荷物を運んでいるときも、ハンドルから手を離さなくて済みます。


また、ワンタッチでハンドルを固定できるので、フロントチャイルド
シートにお子様を乗せる際、ハンドルが動かないので助かります。
ハンドルの握り具合は自然な感じでした。
DSCN4673.jpg
サドルなども、カラー選択可能。
こうして見ると、大変長い自転車だということが分かります。
DSCN4671.jpg
チェーンが完全にカバーされています。
DSCN4670.jpg
モーターは、BB下に配置されています。
低重心設計。
DSCN4672.jpg
DSCN4665.jpg
お子様がおひとりの場合、このリアチャイルドシートがお勧め。フロント
シートですと、若干脚を開いて自転車を漕がなくてならないのですよ。
あと、スタンドの安定性はかなりしっかりしているので、お子様を
載せる際、安心出来ると思います。
DSCN4667.jpg
バッテリーはサドル下に配置されています。

(全体的な感想)
やはり、子供2人載せモデルだけあって強力なパワーアシストが一番印象に
残りました。

坂道で使用する際、十二分なパワーを発揮するはずです。

あとはやはり、デザイン性の高さですね。
ビッケは他の電動アシストモデルと比べても、デザインが美しい。
グリップ、サドル、ヘルメットまで好みでデザインを選択出来る。
まるでインテリア自転車ですね。

お子様載せ目的ではなくても、大変面白い電動アシスト自転車だと
思う。
2014 BRIDGESTONE bikke2-e(ビッケツーe)「BK084」 20インチ 8.7Ah 3人乗り対応 子供乗せ自転車 電動自転車