2014年08月

ここでは、2014年08月 に関する情報を紹介しています。
img63092084.jpg
ビアンキ「カメレオンテ」シリーズ中、街乗りや長距離などに
おいて走破能力のあるクロスバイク「ビアンキカメレオンテクロス」
です。

タイヤサイズは700×35C→ 700×32Cに変更になりましたが、それ
でも太めのタイヤサイズですし、フロントサスが付いているのも特徴。

カメレオンテクロスモデルの場合、フレームがMTBに近いスローピン
グフレームなので低重心かつ、前三角の面積が小さいのでフレーム強
度が強化されている印象を受けます。

他のカメレオンテクロスモデルと違い、低重心で安定した走行性能が
楽しめそうです。

街乗りの際、サスペンションが付いているので、段差に強いテイスト
を生かし? 2015年モデルではマットミリタリーグリーンカラー
が用意されていますよ。


ディスクブレーキしたカメレオンテ3とは違い、Vブレーキ仕様ですが、
何気に2015モデルはSHIMANO製 Vブレーキを採用しているのです
よ。

ロードスペックのカメレオンテ6、5、4などの上位モデルと違い、コンポは
MTB系アルタススペックリア8速仕様。

コンポはシマノ製で固めていますので、やはり安心感があります。
img63092090.jpg
SHIMANO ST-EF51-8R 8S シフト/ブレーキレバー
ブレーキと変速を、このブレーキ&シフター一体型でコントロール。
img63092088.jpg
うーん、デザインは街乗りなどにおいてこういった
アーミーテイストって攻撃的なビジュアルですね。
img63092089.jpg
フォーク SPINNER ODESA ACS
カメレオンテクロス最大の特徴として、フロント
サスペンションが付いている点が挙げられます。

街乗りの際の段差に、対応出来る利点があります。
img63092087.jpg
img63092086.jpg

アルミフレームはスローピングしているのが特徴。
ケーブルはオレンジで、ミリタリーカラーのフレームと
カラーコーディネートしてあります。
img63092085.jpg
サドルにカメレオンマークがあしらわれています。
フレームなど各所に、カメレオンが隠れているので探してみるのも
面白いかもしれません。
img63092091.jpg
タイヤ KENDA KWICK TENDRIL 700X32C
むむ……35Cサイズから32Cサイズに変更か。
まあ、32Cサイズなら太いけど、細いという感じもする。
軽く走れるし、走行安定感もあるか。

クランク SHIMANO FCM131(ターニースペック)48/38/28T
カセット Shimano CS-HG51 8S 11-28T
フロント&リアディレーラー SHIMANO ALTUS
img63092094.jpg
img63092095.jpg
img63092092.jpg
img63092093.jpg
48Tサイズのクランクが付いているので、やはり街乗りというか
通勤やサイクリングに合わせている感がします。
なんだかんだで街の路面って、荒れていますのでこういったサスペン
ション付きのクロスバイクって需要が高いんですよね。
【2015モデル 】 BIANCHI(ビアンキ) CAMALEONTE CROSS(カメレオンテ クロス) クロスバイク
100000025904_02.jpg
100000025904-l0.jpg
ちょっとめずらしい、26インチサイズホイールのクロスバイク。
結局日本の路面とか、街乗りをする際には26インチの方が使い
勝手がいいんですけどね。

とはいえ、なんだかんだでスピードの乗りだって26インチの方がい
いんですよね。

26×1.5と多少はタイヤが英国ラレーとかも以前26インチホイール
のクロスバイクとか出していたんですけど。
やはり時代の流れか、700Cサイズホイールのクロスバイク路線に
行ってしまいましてね。

ストップやスタートがバランス良くて、楽だし。なんだかんだで日本
人の体格に、この26インチが合っていると思います。

ストップやスタートがバランス良くて、楽だし。なんだかんだ
で日本人の体格にこの26インチが合っていると思います。


交差点で信号待ちする場合も、足付き性がいいから楽だし。
とはいえ、シマノ製エントリー系コンポ「ターニー」
スペックのクロスバイクでもあります。

価格は4万クラスだけど、価格が許す限りシマノ製パーツを
採用している傾向があるのがありがたい。
なんだかんだで、ハブまでシマノターニースペックですし。
100000025904_01.jpg
シフター Shimano ST-TX800, TOURNEY TX
100000025904_03.jpg
ブレーキ Shimano BR-T4000
Vブレーキ採用。しかもシマノエントリーMTB系「アルビノ」スペック
のVブレーキですよ!
真面目っすよね。

どこまでブレーキ重視のメーカーなんでしょ。



タイヤは1.5という太さなので、細いタイヤよりも変形しにくく逆に路
面からの抵抗が少なくスピードが出やすいと思います。

そりゃ段差にも強いタイヤの太さだけど。
普通にスリックだから、それなりに抵抗もなく走ってくれるでしょう。
ま、このKendaのホワイトカラーのタイヤがすり減ったら、個人的にシ
ュワルベにしようと思います。
あくまで個人的な好みで、シュワルベの固いタイヤが好きなんですよね。

100000025904_04.jpg
フロントハブはMTB系Shimano HB-RM70
4万円という価格帯で、シマノ製ハブですよ。
100000025904_10.jpg
6061アルミ, リアドロップアウト幅135mm
100000025904_09.jpg
クランクセット Shimano FC-M171, 170mm, 42×34×24T,
チェーンガード付

フロントディレーラ Shimano FD-TX800, TOURNEY TX
100000025904_06.jpg
B.B.パーツ Shimano BB-UN26 カートリッジ
100000025904_07.jpg
サドル VELO VL-3279
シートピラー KALLOY アルミ SP-248D, 27.2mm×300mm
シートクランプ KALLOY アルミ SC-204, 31.8mm
100000025904_08.jpg
リアディレーラー Shimano RD-TX800, TOURNEY TX
カセット Shimano CS-HG200, 12-32T
100000025904_05.jpg
ライトウェイ [RITEWAY]2015 パスチャー 26インチ 24段変速 通勤 通学 クロスバイク
100000025902_14.jpg
100000025902-l0.jpg
さすが日本人ビルダーが設計したクロモリクロスバイクですね。
(たまに展示会でネコ耳のコスプレをしているお茶目な方です。
でも、本当は凄いお方)


エントリー系ロードコンポ「CLARISクラリス」をドライブトレインの
みならず、前後のハブにまで採用していますよ。

元々ライトウェイのクロスバイクは、シマノ系コンポをふんだんに採
用してくることで有名ですが。

ブレーキもスピードコントロールがし易い様に、ロード用キャリパー
ブレーキSHIMANO BR-R451というティアグラスペックのブレー
キを採用してきています。

やはりロード系コンポを採用したモデルではあるので、車道などでの
スピード調整がし易い様に配慮したのでしょう。
だからこそ、タイヤもKenda K-196, 700C×26Cという細めの
ものを採用しています。
7万円という価格帯ながら、随分と高速仕様になったクロスバ
イクだと思いませんか??

あとデザインについてですけど、日本国内メーカーSUGINOのクラ
ンクを採用してクラシカルな雰囲気を強化しています。
SORAスペックのSL-R400 直付Wレバー変速ですからやはりその
辺も考えてあるな。

しかもフラットバーロードであって、Wレバー変速仕様というのもちょっと
珍しい一台です。

最近リア変速のみの、サムシフター仕様も流行していますけどね。

こうしてみると、全体的に質実剛剣というか堅牢に組んであるなという
印象を受けます。

クロモリフラットバーモデルながら、高速仕様のちょっと面白い一台
ではないでしょうか?

100000025902_15.jpg
ブレーキレバー Shimano BL-2400, CLARIS
高速フラットバー仕様ということで、クラリススペックのブレーキレバー
ですよ。
頼もしいですよ、個人的に。
100000025902_13.jpg
ステム KALLOY アルミ, 70mm
見た目はクラシカルだけど、最新のアヘッドステム
100000025902_12.jpg

ブレーキ Shimano BR-R451

偉い!! 

ティアグラスペックのシマノブレーキ採用!!

これで車道も怖くない!


100000025902_11.jpg

ここ! 見て下さいよ!!!

シマノロードのハブを真面目に採用!!


フロントハブ Shimano HB-2400, CLARIS, 32H

100000025902_10.jpg
リム(ホイールセット) Alexrimsrims X2000, アルミハイポリッシュ
100000025902_08.jpg
シフター Shimano SL-R400, Wレバー

ブレーキといい、Wレバーといい、クラリススペック以上のパーツを採用。
ま、変速操作の時にハンドルから手を離す必要がありますけどね。
100000025902_09.jpg
タイヤ Kenda K-196, 700C×26C
快適性や衝撃吸収性はクロモリフレームにまかせて、タイヤでスピードを
稼ぐ設計になっています。
夢のクロモリフラットバーロードモデルでもあります!
100000025902_01.jpg
100000025902_07.jpg
クランクセット SUGINO XD-2000D, 170mm, 50×34T
フロントはロードバイクと同じくダブル。
国内メーカーにこだわったスギノクランク。
100000025902_06.jpg
フロントディレーラー Shimano FD-2400, CLARIS
100000025902_05df.jpg
リアディレーラー Shimano RD-2400, CLARIS
カセット Shimano CS-HG50, 12-25T
チェーン Shimano HG-40
100000025902_04.jpg
100000025902_03.jpg
シートピラー KALLOY アルミ SP-248D, 27.2mm×300mm
シートクランプ KALLOY アルミ SC-205, 29.8mm
100000025902_02.jpg
サドルは鋲打ちクラシカル路線。
トップチューブのロゴデザインもなんだか凝っています。
100000025902_16.jpg
デザインを見ても、サドル、グリップ、タイヤのカラーをブラウンにして
クロモリらしいレトロ感を演出。
しかも、パーツはシマノ製で固めている生真面目さ。
一応高速仕様で走る事を想定した、クロモリフラットバーロードなので
ここまで仕様にこだわってくれると安心感があります。
ライトウェイ [RITEWAY]2015 シェファードアイアンF 700c 外装16段変速 通勤 通学 クロスバイク
P1000903.jpg
P1000906.jpg

スターバックスのお姉さんが勧めてくれたクール ライムが、異様に
美味しかった。
まさか飲む前に、シェイカーで振ってくれるとは……
生豆のカフェインとか入っているそうなので、アルコールみたいに
疲労回復に効果があると思う。
なぜか炎天下走った後これを飲んだら気分が良くなった。

……要するにカフェインの力??

でも、美味しいからいいや。
15_rail-700_1a.jpg

さて、日本国内メーカーのコーダーブルームRail700の重量が
異様に軽すぎるんですよ。

今までのお約束を覆した位、軽い。
アルミ系クロスバイクなんですけど、なんと販売価格6万ぎりぎり
にして、重量9.4kgを達成してしまったのですよ。

普通は6万クラスのクロスバイクだと11kgあたりが平均なん
ですよね。
販売価格8万~10万円クラスのクロスバイクでも、10kgがやっと
だというのに。

これは、物凄い軽さなんですよね。

特に2015年モデルコーダーブルームの場合、ロードモデルに
も採用されている、(EAST-L) という、重量剛性比の高い6011
アルミを採用しているのです。

このクロスバイクにはありえない、超軽量フレームが軽さの秘密
と言った所です。
15_rail-700_2a.jpg

しかも実に面白い事にkhodaabloom Rail700って
フロントトリプルにリア9速仕様なんですよ。

MTB系コンポシマノアルタススペックを実装している
のに、9.4kgってありえないですよ。
どんだけ、軽いフレームを採用しているか! という事なん
でしょうね?
さぞや坂道とか登りが、軽そうな気がする。
15_rail-700_3a.jpg

しかも、軽量クロスバイク、ジャイアントエスケープエアーだったら
この価格帯で重量9.9kgなのに、このkhodaabloom Rail700は
かるく9.4kgを叩き出してしまったのですよ?

クロスバイクの機動力や、運動性能を比較する上で重量は
重要な目安になります。
ほんとkhodaabloom Rail700、恐るべしですね。

恐らく、6万円クラスクロスバイクモデルにお

いて「日本最軽量」をマークした一台だと

思います。


ですから、下手な10万クラスのロードバイクよりも軽い
のですよ。
ありえない……
ロード系コンポーネントを採用せずして、この重量を叩き出した
という事は、やはり親会社のジャイアントのアルミフレーム
技術が投入された一台だと推測できます。

お買い得感のある、本気モードの超軽量クロスバイクですね。

多分こいつは2015年クロスバイクモデルに

おける台風の目になるんじゃないですか?

マジで。


コーダーブルーム レイル700 khodaabloom Rail700 2015
100000016731-l0.jpg
これが、なんと3万9800円で買えてしまうクロスバイク、サイクル
ベースあさひのプレシジョンスポーツって奴ですね。

なんと3万円クラスながらリア8速、重量12kg台を達成してしまっ
たクロスバイクモデルであります。

コンポはシマノ入門MTB系アルタススペック。
よ、よく3万円クラスでエントリー系とはいえアルタススペックを持
ってきたって感じ?

フロント3×リア8=24速仕様。
さすがにジャイアントエスケープエアみたいに9kg台ではないけど。
3万クラスで、リア8速だもんなあ。
100000016731_05.jpg
フレームもなんと軽量アルミハイドロフォーミング加工
を施し、価格はぎりぎりまで下げながらも軽量化に成功
してしまったクロスバイクでもあります。


エンド幅は135mmなので、後日ロード系ホイールは履けませ
ん。
ただ、後日700×28Cサイズのタイヤを25Cあたりにして
高速性を楽しんでもいいかも。
(実際そうやって、快速仕様にして通勤している方もいるし)
100000016731_02.jpg
ブレーキはVブレーキ仕様
CBAオリジナルブランドの奴かな?

あと、フロントフォークがスチールなので衝撃吸収性や、重さを
感じる原因になってしまうかもしれない。
街乗り系スポーツモデルなので、その辺をぶらつく程度なら
それなりにいけるのでは。

いずれにしても街乗りにおける性能を追求したモデルなので
最初から、クランクにガードが付いていたり、スタンドが
接地されていたりするので初期投資が節約出来たりもします。

また「サイクルベースあさひ」系クロスバイクなので、いざとなれば
全国に展開するあさひ系店舗に駆け込めるという
最大のメリットがあります。

(実は、プレシジョンスポーツ最大のメリットはそこにあると思う。な
にかしらトラブルに見舞われた時、引っ越した際にも各店舗で面倒
みてもらえばいい。その内慣れてきたら自分でいじりだすのも楽し
いけどね。初めのうちは、何かとクロスバイクを買った際、面倒みて
もらえる存在は必要だし)
カスタマイズしたり、ブレーキ調整など色々相談に乗ってもらえ
ますよ。
100000016731_01.jpg
トリガーシフトにSHIMANO ST-EF51-8-2A Vブレーキ用
EZファイヤーレバー 3x8s
Vブレーキレバーとシフターの一体型ですね。
変速操作とブレーキをこれで行う事になります。

実はこのシフターはディスクブレーキにも対応している
プレシジョンスポーツをディスク化は無理だけどね。  
100000016731_09.jpg
フロントギア 48/38/28T
透明のクランクガードが最初から付いてくる。
初心者向けの親切設計。
100000016731_08.jpg
タイヤサイズ 700x28c
やはりスポーツモデルなので、快速性を重視した28Cサイズ。
後日パナレーサーなどの、タイヤに交換しても面白そうだ。
100000016731_07.jpg
100000016731_06.jpg
サイドスタンド標準装備
普通最初からスタンドはあまり用意されていないクロスバイクが
多いのでこれはありがたい。
100000016731_03.jpg
リアスプロケット HG-31 11T-30T

さすがに、ギア比がMTB並みにワイドなので、坂道などにも
使えるのでは。重量12kgですし

リアディレーラーRD-M310 8s
よくもまあ、3万クラスでアルタスリア8速仕様にしてきたもので。
素直にここは凄い。
100000016731_04.jpg
あと購入後、路面からの衝撃などが手や上半身などに来る
様だったら、コンフォートグリップなどで対応してもいいか
もしれません。
あさひ [ASAHI]【お店で受取り選択可】【ご予約・次回納期未定】 プレシジョンスポーツ 通勤 通学 クロスバイク