2015年07月

ここでは、2015年07月 に関する情報を紹介しています。
qbei_cc-felt-qx-65.jpg
とりあえず2016 FELTシリーズのクロスバイクがお披露目された
ので、エントリー系モデルを中心に観察していこうと思います。

MTB XCレース用フレームを生かした、コンフォート系クロスバイク。

フォークは頑丈かつ軽量なテーパーコラムリジットフォーク
タイヤはシュワルベ35Cで上質な走行性能を獲得。
重量は12.2kg。

やはり2016年モデルも、フロントフォークがサス付きではなく、
リジットフォーク仕様になっています。
さすがに、販売価格が6万クラスなのでVブレーキ仕様ですね。
qbei_cc-felt-qx-65_1.jpg
まだ確定じゃないけど、シフターはShimano ST-EF41 7-スピード EZ-Fire
っぽい?

例のブレーキとシフター一体型のタイプ。
という事は、2016 FELT QX65は継続して
リア7速スペックかな? まだ、2016年7月6日時点なので
細かいスペックが公開されていないのが残念。

うーん。
とはいえ2016年モデル系クロスバイクはやはりリア7速が
主流になりつつあるからなあ。
リア7速か、8速か。
気になる所です。
qbei_cc-felt-qx-65_2.jpg
フレーム仕様も、MTB系フレームを採用しただけあって
堅牢なスローピングフレーム仕様。
アップライドな姿勢で、視野を広くとりながら乗り易いと
いう利点もあります。

アルミフレームは、ケーブル内臓のインターナル仕様。
FELTのクロスバイクデザイン&設計でちょっと面白い所は
既存のアルミパイプを使用しない点にあるんですよ。

アルミパイプの厚みと耐久性をきちんとモデルごとに
テストし、モデル毎に最適な剛性、重量、耐久性
を持つアルミパイプを自社調達している。

だからこそ、フェルトのアルミフレームはロード&クロス
バイクを含めて高品質なんですね。
qbei_cc-felt-qx-65_4.jpg

実際、フェルトクロスバイクやロードに乗ってみると
フレームで走っているような感覚がします。

(直進安定性が高いのも、特徴だと思う。だからこそ
フェルトのクロスバイクは、長距離&長時間走るのに
向いている。だからこそ、快適性も毎回強化しているんでしょう)
qbei_cc-felt-qx-65_3.jpg
6万円で高品質なアルミフレームを採用したクロスバイク
が必要な方はこれでいいかもしれません。
MTB XCレース用フレームを生かしたクロスバイクとは
言っても、結構QXシリーズってスピードの乗りがいいん
ですよね。
まあ、それは29erMTBにも言える事ですが。

「フェルト」2016 QX65 クロスバイク