2015年10月

ここでは、2015年10月 に関する情報を紹介しています。
100000031207-l0.jpg
2016 LGS-CHASSE SL

ルイガノの人気エントリー系フルアルミクロスバイク LGS-CHASSE。
そのシャッセを、カーボンスォーク化。
そのことによりLGS-CHASSEは重量:11.97kgだが、この
LGS-CHASSE SLは重量:10.97kg(470mm)と1kgの軽量化
に成功している。


しかも、LGS-CHASSE SLはアルタスリア8速を、いきなりディオー
レリア9速化してしまった。

(シフターはアルタススペックなので、リアディレーラーに配置
されたディオーレーをアルタスでコントロール。トータル27速
スペック)

リアがディオーレスペックになったことで、個人的にリア変速がかなり
スムーズにいくと思う。

しかもアルミフレームにおける、各部のパイプ形状やパイプの肉厚
を見直すことでスポーツ性も一気に強化しつつも、クロスバイクな
らではのアップライドな姿勢で、気軽に走れる。

スポーツ性を強化しただけあって、本家シャッセのテクトロ製
Vブレーキではなく、シマノ製Vブレーキを採用しているのも
ポイント。
100000031207_01.jpg
ハンドルバー アロイ FLAT(560mm)
ステム アロイ アヘッド 7°(90/370、420mm 100/470mm 
シフター シマノ ALTUS
ブレーキレバー シマノ ALTUS

やはり、クロスバイクということで快適性の高いコンフォート系
グリップを採用。
100000031207_02.jpg
ヘッドセット FSA 1-1/8インチ INTEGRATED
インテグラルヘッド採用。
さすが8万クラスの上位スペッククロスバイク。
ハンドリングの安定性も考慮されている。
100000031207_03.jpg
ブレーキ シマノ R353 Vブレーキ
100000031207_04.jpg
フォーク UD カーボン
やはり8万円クラスなので、このあたりになると衝撃吸収性&軽量化
を図るために、カーボンフォークを実装してきますね。
100000031207_05.jpg
フレーム 6061アルミ
スポーツ性の高いクロスバイクだけあって、ボトルゲージ台座も
用意されている。
100000031207_07.jpg
フロントディレイラー シマノ ALTUS
クランク FSA DYNA DRIVE TREKKING 48x38x28T(170mm)
ボトムブラケット FSA BB-7420ST 113mm(68mm)
普段着でも、乗りこなせるようにガード付きクランクを用意。
100000031207_06.jpg
ブレーキ シマノ R353 Vブレーキ
タイヤ CST C-1258 700x28c
タイヤのサイズは700x28cと少し太めのサイズにすることで、街中での
小さな凹凸を気にすることなく走りに集中することができる。
100000031207_08.jpg
リアディレイラー シマノ DEORE
スプロケット シマノ CS-HG20 11-32T 9s
100000031207_09.jpg
通常の街乗り用クロスバイクシャッセを、スポーツモデル化し
た事により、パーツやカーボンフォークなどのグレードを上
げてきた一台。
やはりブレーキの制動力を強化してきた点に好感が持てる。

街乗りに使いつつも、スポーツ的にクロスバイクを使用したい方に
向いている。
ロード寄りなスピード本位のRSRとは違い、MTB系コンポを採用
した街乗り系スポーツクロスバイク。
ルイガノ [louisgarneau]2016 LGS-CHASSE-SL(シャッセSL) 700c 外装27段変速 通勤 通学 クロスバイク
100000031365_01.jpg
100000031365-l3.jpg
2016 MERIDA CROSSWAY BREEZE TFS 200-MD

メリダヨーロッパR&Dがデザインした、クロスバイク。
メリダのロードバイク関係のエンジニアが取り組んだ、クロスバイ
クと言っていいでしょう。
販売価格6万円程ながら、雨天時に強いメカニカルディスクブレー
キを採用!
しかも、アルタスリア8速スペックと、6万円とは思えない仕様の充
実ぶりですね。

700×28Cサイズながら、日常性を意識した英式バルブ。しかもデ
ィスクブレーキに
干渉しない位置に、キックスタンドマウントまで用意。
日常&街乗りでの使い勝手を高めた仕様になっています!
100000031365_15.jpg

リジットフォークのハードテイル仕様なので、
CROSSWAY BREEZE TFS 200-MDは、チェーンステー&シ
ートステーを偏平形状に加工することで、路面からの衝撃
吸収性を稼ぐ設計になっています。
(アルミとはいえ、快適性の高い6,061アルミを採用している
のもポイント)
100000031365_02.jpg
ハンドルバー Merida Speed Alloy φ31.8
ハンドルステム Merida Comp Alloy
100000031365_01.jpg
シフター Shimano Altus rapidfire SL-M310
トリガーシフトなので、スポーティーに変速操作が可能。
ブレーキレバー Tektro RX1.0
ディスクブレーキの場合、ブレーキの効きが強力なだけでは
なく、繊細かつ細かいブレーキ操作も可能。
100000031365_03.jpg
フォーク Steel O.S. disc
やはり、Vブレーキ仕様ではないのでビジュアルがすっきりして
います。
100000031365_04.jpg
100000031365_05.jpg
フロントブレーキ Tektro MD-M280 160
100000031365_09.jpg
なんとケーブルを、ダウンチューブ内部に収納。
一応インターナル仕様のクロスバイクでもあるんですね。
100000031365_14.jpg
ボトルホルダー台座もダウンチューブに用意。
ツーリングに使う場合も便利ですね。
100000031365_08.jpg
ギヤクランク SR CW13-XR178 48-38-28T
100000031365_07.jpg
リム Alex MPD14-DISC Alloy 700C 28H
タイヤ KENDA K-193 28C

シートポストに目盛が付いているので、サドル位置が設定し易い。
100000031365_06.jpg
スポーティかつ長時間快適に座り易いサドル。くぼみ形状を施してある。
100000031365_11.jpg
リアキャリアーを取り付ける為のダボ穴付き。
ディスクブレーキを採用した全天型クロスバイクなので、ツーリング風に
楽しむ事も可能ですね。
100000031365_10.jpg
リアディレーラ Shimano Altus RD-M310
ギア Shimano CS-HG200-8 12-32
リアブレーキ Tektro MD-M280 140

CROSSWAY BREEZE TFS 200-MDは
ディスクブレーキ台座とスタンド台座が装備されている実に
考え抜かれたクロスバイク。
日常性とスポーティー性が融合したアルミフレームですね。
メリダ [MERIDA] 【お店で受取り専用】 2017 CROSSWAY200-MD(クロスウェイ200-MD) クロスバイク
100000031245-l0.jpg
2016年モデルのクロスバイクSORAスペックって、大体
9万円クラスですよね?
このLOUIS GARNEAU LGS-RSR3は、なんと8万クラスでSORAスペック
&カーボンフォークが手に入ってしまう!

全体的にコストを抑えつつも、インテグラルヘッド&カーボンフォーク
&ソラ系ドライブトレインを実装し、よりロードに近付けたクロスバイク
ですね。
100000031245_01.jpg
ブレーキレバー テクトロ アロイ
シフトレバー シマノ SORA
シマノソラスペックのトリガーシフトなので、変速段数を目盛りで確認
可能。
私が変速操作した時は、割とスピードを上げた際もスポーティーに
いけたかな?


衝撃吸収性を追求したシリコン製ホワイトのグリップがルイガノらしいですね。
100000031245_02.jpg
ハンドルバー ALLOY FLAT
ステム アロイアヘッド7°
100000031245_03.jpg
ブレーキ テクトロ アロイ キャリパー
テクトロ製ブレーキですが、よりスポーティーに乗りたいなら
シマノ製に後日変更しても良さげですね。

ヘッドセット FSA 1-1/8インチ インテグラル
100000031245_04.jpg
フォーク 3K カーボン

ルイガノのRSRシリーズは、どうしても振動が上半身に
くるので、出来ればこのようにカーボンフォークはあった方
がいい。
割と直進安定性が高いクロスバイク。
100000031245_05.jpg
フレーム 6061アルミDB

ロードにも幅広く使用される快適性の高い6061アルミを採用。
ロード系コンポを採用したクロスバイクだから、
よりロードに近い形で走行を楽しめる。
100000031245_09.jpg
100000031245_06.jpg
タイヤはROADバイクと同様に700×23Cを装着。
変速 2x9 18段変速だから、ロードを意識した仕様と言っていい。
100000031245_07.jpg
フロントディレイラー シマノ SORA
クランク SR SUNTOUR VX-D 50X34T (170/400,450mm,175/500,550mm)
SR SUNTOUR製コンパクトクランクでコストを稼いでいる。
さすがにシマノソラフルスペックでは、9万オーバーしてしま
いますしね。
100000031245_08.jpg
リアディレイラー シマノ SORA
スプロケット シマノ CS-HG20 11-32T 9s

テーパーヘッドチューブにカーボンフォークを組み合わせた
クロスバイクだから、かなりロードに近いスポーティー
な安定した走行感を楽しめる。

ここ最近のRSRシリーズはスピード重視になりつつあるの
かな。
重量的には、アルミロードに近い重量を稼いではいる。
ただし、パーツなどコストカットが見られるのでもし
このRSR3の仕様に納得できないなら、より上のRSR1
あたりがお薦めだろう。

ただし、8万円台で出来るだけコストを下げつつ、リア9速の
SORAスペック系クロスバイクが欲しいなら、ちょっと
いいかもしれない。
ルイガノ [louisgarneau] 【お店で受取り専用】 2017 LGS-RSR3 クロスバイク
100000031770-l0.jpg
車体イメージ(※実際の商品と異なります。)

2014 FELT Z95(外装18段変速 シマノ ソラ採用) アウトレット

サイクルベースあさひのアウトレットについてですけど……
シマノソラスペックのカーボンフォーク&アルミロードバイク
2014FELT Z95が7万円台で、アウトレットとして売りに出されて
いますよ。

メーカー希望小売価格96,984円


25%OFF販売価格72,800円(税込)  
 

サイズは乗車目安 510mm(身長:160-175cm)
カラーはレースレッド

どれくらいこのアウトレットが安いか説明すると……
価格が高騰中の2016年 FELT Z95の場合、販売価格108,864円
(税込)もしますからね。

大体2015年モデルの場合、ソラスペックアルミロードはどうしても
9~10万程度の価格帯で販売されているのが実情です。

2014年モデルのアウトレットなら、同じSORAスペックで72,800円。
つまり、3万程度も安く買えてしまうことになります。

100000031770-l4.jpg
リラックスポジションのハンドル位置
Zシリーズなので基本的にアップライドポジションで、ロングライドする為のアルミロード
100000031770-l1.jpg
フレーム スーパーライトカスタムバテッド 6061アルミ
100000031770-l2.jpg
クランクセット FSA Tempo 50/34T

基本的にコストを抑える為にFSAのコンパクトクランクを
採用。
とはいえ、フェルトのアルミフレームは品質が良いので
フレーム性能に関してはエントリーモデルといえど期待が
持てます。
(どちらかというと、直進安定性を強化した上品な走りをする
アルミフレーム)
100000019645_08.jpg
車体イメージ(※実際の商品と異なります。)
シフター シマノ Sora STI
しかも、街乗りに便利な補助ブレーキ付き。
100000019645_07.jpg
車体イメージ(※実際の商品と異なります。)
フォーク カーボン
7万クラスで、カーボンフォークを実装するというのもとんでもない
話でして。
メジャーブランドのロードとはいえ、アウトレット価格だとこういう
お得な価格で手に入るんですね。
100000019645_04.jpg
車体イメージ(※実際の商品と異なります。)
ブレーキ デュアルピボット
リム Alex R500
タイヤ FELT All Weather 700x25c
100000019645_02.jpg
車体イメージ(※実際の商品と異なります。)
スペック

乗車目安 510mm(身長:160-175cm)
重量 10.2kg
変速 2x9 18段変速
ペダル 付属しません
フェルト [FELT] 【在庫一掃SALE】【お店で受取り選択可】 2016 F95 ロードバイク