2016年08月

ここでは、2016年08月 に関する情報を紹介しています。
ci-216444_3.jpg
LAPIERRE EDGE XM 327

これは、安い!
17万程度でエントリースペックながらラピエールのフルサスMTB
(シマノディオーレ FR 3×9)が手に入る!

OST(サスペンションシステム)のラピエールMTBエントリーモデル。

27.5インチホイールのMTBですが、ディスクもハブもシマノブランドで統一されて
いる模様。
エントリーモデルとはいえ、ラピエールはフルサスモデルを用意して
来たという事ですね。
ci-216444_1.jpg
ラピエールMTBは最近のホイール径の巨大化に伴って27.5インチモデルと
29インチモデルのみでラインナップが構成されているのが特徴。

MTBとしての走破性や、ホイールが大きくなることで得られるトラクションなど、
機材的なアドバンテージを全面的に押し出してきています。

どちらかというと、ゼリウスなどのロードの知名度が大きいですが。
でも、MTBのサスペンションシステムを応用したロードモデルを開発するなど
面白い展開が見て取れます。
ci-216444_8.jpg
シフター SHIMANO ALTUS SLM370 3x9-Speed
ステム LAPIERRE EDGE AS-DC1 7° Φ: 31.8mm L: 75mm (S, M, L) / 90mm (XL)
ハンドルバー LAPIERRE EDGE HB-RB11L W: 720mm R: 15mm Φ: 31.8mm
ci-216444_7.jpg
ci-216444_5.jpg
フォーク SUNTOUR XCM HLO 27.5 120mm
ci-216444_6.jpg
ブレーキ SHIMANO HYDRAULIC ALTUS BRM315 - SHIMANO SMRT10 180mm / 160mm Center Lock
ci-216444_16.jpg
ci-216444_4.jpg
フレーム NEW EDGE XM 27.5’’ ALLOY SUPREME 4 120mm Rear Travel
ci-216444_9.jpg
上からフレームを見ると、イエローとホワイトの大胆な
グラフィックスが!!
エントリーモデルのMTBとは、思えないデザインですね。
ci-216444_11.jpg
フロントディレイラー SHIMANO SLX FDM660E6X E-TYPE
ci-216444_10.jpg
クランクセット SHIMANO ALTUS FCM351C422XL 44x32x22 170mm (S) / 175mm (M, L, XL)
ci-216444_13.jpg
リアディレイラー SHIMANO DEORE RDM592SGS 9-Speed
スプロケット SHIMANO ALIVIO CSHG3009134 11x34 9-Speed
ci-216444_15.jpg
ボトムブラケット SHIMANO BBUN100B23X
ci-216444_14.jpg
ci-216444_12.jpg
ホイール MACH1 NEURO 27.5’’ - SHIMANO AHBTX505B 32H BLACK QR9mm Center Lock - SHIMANO AFHTX5058BZB 32H BLACK QR10mm Center Lock
タイヤ SCHWALBE IMPAC TRAILPAC 27.5X2.25


山で日曜日に乗る為のMTB……・という位置づけが、このEDGE XM 327。

エントリースペックながらフルサスペンション機構を採用しているので、広い範
囲の地形の変化に対応。

EDGE XMは16万円でラピエールブランドの進歩的な技術を体感出来る
エントリーレベルのフルサストレイルバイクですね。
LAPIERRE(ラピエール) 2017年モデル EDGE XM 327 (エッジXM327)
cc-bianc-via-brera_1.jpg
2017年モデル ビアンキ ビアブレラ

クロモリ系クロスバイクという、実にレアなビアンキモデル。
見た目はレトロではありますが、過去に内装変速仕様になったり
更にはピスト風ドロップハンドル仕様があったり。

毎年、毎年、色々なモデルチェンジを時代に合わせて繰り返して
きたモデルではありますが。

とうとう、クロモリ&クロスバイク路線に落ち着いた様です。
元々はクロモリロードがクロスバイク仕様になったモデル
ではありますので。
パーツのセレクトがレトロ性を強調。

レトロなデザインのデュアルピポッドデザインブレーキ仕様だ
ったり、ロード系コンポを採用したりと、ロードバイクに近い
スピード重視路線です

しかもレトロなWレバー変速仕様なので、変速操作の際には
片手をハンドルから外す必要があります。
cc-bianc-via-brera_7.jpg
さらに、この2016年モデルから、グリップやサドルなどに
麻状の生地を採用してデザイン性を強化。
確か、以前はレザー路線でしたが。

さらに、シルバー系のパーツなども採用して、見た目ストリート
色も濃くなっています。
価格も2016年モデルは7万円台でしたが、2017年モデルは6万円
台にまで抑えられた点が素直に嬉しいですね。
cc-bianc-via-brera_6.jpg
レトロなスレッドステムを採用。
cc-bianc-via-brera_5.jpg
ブレーキレバー Tektro FL-750
cc-bianc-via-brera_4.jpg
シフター  Shimano SL-R400 W-SHIFT LEVER

グリップ位置から近い、ヘッドチューブ部にWレバー変速機を
設置。
cc-bianc-via-brera_3.jpg
フォーク Lug Hi-Ten 1", Thread
ブレーキ  Promax RC-466
リム Jalco DRX-17 32H
タイヤ Kenda K-193 700x25C

デュアルピポッドデザインブレーキ。従来のブレーキストロークに対応。
デュアルピポッドのブッシング部分にはベアリングを採用しスムーズな
動きを実現によりブレーキングを向上させた。
cc-bianc-via-brera_15.jpg
フロントハブ Formula RB-51 100mm
cc-bianc-via-brera_14.jpg
フレーム Cr-Mo with Hi-Ten
cc-bianc-via-brera_12.jpg
リアハブ Formula RB-52 130mm
キャリアー取り付け用のダボ穴も用意されています。
cc-bianc-via-brera_8.jpg
クランクセット Prowheel SOLID-320 52/42T 170mm
cc-bianc-via-brera_9.jpg
フロントディレーラー  Shimano CLARIS 31.8mm
cc-bianc-via-brera_13.jpg
BB  TH BB-7420AL 68X113mm
cc-bianc-via-brera_11.jpg
こうして見てみると、ブレーキやホイールなどをシルバー系パーツで
統一。
Wレバーや、ディレーラーなどの変速機はシマノ系ブランドに徹して
いる。
カラーリングや、ビジュアル性に相当こだわったレトロ路線クロスバイク
ですね。
cc-bianc-via-brera_10.jpg
リアディレーラー Shimano CLARIS
スプロケット Shimano CS-HG50-8 8sp 11/28T
クロスバイク ロードバイク 2017年モデル Bianchi ビアンキ VIA BRERA ヴィアブレラ Claris[先行予約受付中]
ci-512157_3.jpg

悪路を走破可能なグラベルロード、GT GRADE のフレームをフラット
バー化させたクロスバイクですね。

グラベルロードは舗装路の他に、砂利道などのダートも走行可能なよう
に開発された、新しいジャンルのバイク。
しかもドロップハンドル仕様はロード系コンポですが、このモデルは
MTB系コンポAceraを採用。
ロード系コンポではなく、MTB系コンポーネントを採用しているの
で、より悪路に強いドライブトレイン構成ですね。


ci-512157_24.jpg

あえて、太目のタイヤを採用することで安定性とブレーキ性能
がパワーUP。

エアボリュームが大きくなるので高い衝撃吸収性と対パンク性能も備
えており、舗装路から未舗装路までどんな路面状態でも対応可能です。

(なんだかんだで、タイヤ幅を太目に設定できるグラベルロード系
フレームを採用しているおかげで、最大で 35C の太さのタイヤま
で装着可能)

ci-512157_12.jpg
ブレーキ (F&R) Tektro 機械式ディスクブレーキ、 160mm ローター

また制動力が高く雨や泥に強いメカニカルディスクブレーキ。
グリップ力の大きい太めのタイヤにディスクブッレーキを採用して
いるので、あらゆる状況で確実なブレーキング性能を発揮。


ci-512157_11.jpg
しかもフロントフォークにアルミを採用して、軽量性も
も稼いでいます。
ロード仕様はカーボンフォークですが。
逆にGRADE FB Compのフォークは、より強靭とも
言えます。
ci-512157_23.jpg
エンド部分を見てみると上を向くチェーンステー形状ですよね。
路面や砂利道などの振動を、上方向に逃がすための形状です。

ci-512157_2.jpg
アーミー系を意識した「ダークグリーン」
ci-512157_1.jpg
ci-512157_4.jpg
フレーム ハイドロフォーム (TT、DT)
ci-512157_5.jpg
GT独自のリアフレーム溶接技術「トリプルトライアングル」
フレームの剛性と強度を大幅に向上。
ci-512157_8.jpg
シフター Shimano EF-500
ci-512157_7.jpg
ハンドルバー GT タイプ R フラットライザーバー、31.8x640mm
ステム 3D鍛造 アルミニウムステム
ci-512157_6.jpg
ci-512157_9.jpg
テーパード 1 1/8"-1 1/4"ヘッドチューブ
ci-512157_10.jpg
ci-512157_13.jpg
ci-512157_15.jpg
フロント ディレーラー  Shimano TY710
ci-512157_14.jpg
クランクセット Shimano FC-M311 48/38/28T

フロントはMTBアルタススペックのトリプルクランク。
やっぱりドライブトレインは、MTB色が強いですね。
ありとあらゆる地形に、適切なギア比をワイドに設定
可能。
ci-512157_20.jpg
ci-512157_16.jpg
ci-512157_17.jpg
リム Jalco JD200 ダブルウォール アルミニウム、28h フロント/32h リア
タイヤ (F&R) Kenda Kwest 700x28C
ci-512157_18.jpg
ci-512157_19.jpg
サドル GT Grade saddle
ci-512157_25.jpg
ci-512157_22.jpg
リアディレーラー Acera
カセット Sunrace 8スピード 12-32T
ci-512157_21.jpg
とりあえず、悪路をMTB代わりにハイスピードで走破することが
可能なクロスバイク。
価格は価格61,041円(税込)だが、ロード、クロスバイク、MTB
などの役割を、この一台でこなしてくれる。
GT ジーティー 2017年モデル GRADE FB Comp グレードFBコンプ

qbei_cc-palomar_1.jpg
2017 GT PALOMAR STEEL

なんと、価格38,685円(税込)で購入可能な、リア7速仕様MTB
ですよ。
それでもしっかりGTブランド。
秘密はハイテンスチールフレーム仕様でコストを稼いでいる点ですね。
スチール製フレームの入門マウンテンバイクではありますが。
強さNO.1のトリプルトライアングルフレームを実装しているので
強度面ではかなり期待できます。

入門用ながら高い走破性を有し、公園の砂利道や路肩の段差など
街に溢れる障害をMTBのタフさで走破可能。
(街乗りを意識した80mmトラベルサスフォークを採用)

その代り重量は16kgと、他のアルミ系MTBと比較して2kg程重め
ではあります。

qbei_cc-palomar.jpg

GTのパロマーシリーズのスチールモデル。
やはり走破性を生かして、悪路を走ったり……とはいえ街乗りに適しています。
クラシカルなスチールフレームMTBを楽しみたい方にも。

(本格的な山仕様というわけではなく、やはり街乗りや公園程度の
段差を走破する程度に適している)

qbei_cc-palomar_2.jpg
フレーム ハイテンスチール
フォーク All Terra CH-565、80mm トラベル、Vブレーキマウント


衝撃を吸収するフロントサスペンションを有している上に
トリプルトライアングルフレームを採用。

トリプルトライアングルの恩恵で、フレームのしなりを軽減、ペダルレ
スポンスの向上、高剛性、フレーム寿命の向上、路面からの衝撃軽減
など、エントリーモデルながら考え抜かれています。

qbei_cc-palomar_5.jpg
ヘッドセット 1 1/8" アヘッド
qbei_cc-palomar_4.jpg

うーん、やはりスチールフレームなので丸みを帯びたフレーム形状。
ハイドロフォーミング系アルミフレームとは違い、味があります。
だから、クラシカルなスチールに合わせて、カラーもクラシカルな
レッドにしたのかな。
デザイン的にも、何気に面白い。
qbei_cc-palomar_3.jpg
フロントディレーラー  Shimano Tourney 
リアディレーラー Tourney TY500
クランク All-Terra 鍛造 アルミニウム 42/34/24T
カセット Sunrace 7スピード、14-34T F/W
qbei_cc-palomar_2.jpg
タイヤ (F&R) All Terra 27.5X2.1"
MTBの初心者&街乗りモデルとしては十分かな。
とはいえ、スチールフレームのボリュームは圧巻ですね!

自転車 26インチ シティー・街乗用 【先行予約受付中】GT ジーティー 2017年モデル PALOMAR STEEL パロマースチール[先行予約受付中]
cc-ritwy-pasture_22.jpg

これはママチャリから、スポーツサイクルに乗り換える場合に楽しい
クロスバイクですね。
ただし、フレームはロードバイクにも使われる6061アルミ合金
を採用。
ですので、重量は11.4kg!!
ママチャリの平均重量は18kg程度なので、はるかに軽量に仕上がっています。

なのにママチャリに近いスローピング構造!

ママチャリから乗りかえやすいライフスタイルバイクといううたい文句は真実


軽量なアルミフレームと本格的なスポーツバイク用パーツを装備している
ので、ママチャリスタイルながら長距離走れる点が変にギャップがあって
面白い。

cc-ritwy-pasture_23.jpg
cc-ritwy-pasture_24.jpg
cc-ritwy-pasture_1.jpg
cc-ritwy-pasture_3.jpg
cc-ritwy-pasture_2.jpg
パスチャーは街乗りを意識しているので、カラーリング展開が華やかです。
cc-ritwy-pasture_12.jpg
パスチャーにはホイールスタビライザースプリングが採用されています!

見ての通りダウンチューブとフォーク部にスプリングが付いていますよね?
駐輪時前輪が、このスプリングよって固定される仕組みになっています。

(もちろん走行時は、それほど気にはならないはず)
パスチャーは、安定した駐輪が可能なスポーツバイクなんですね。

cc-ritwy-pasture_13.jpg
ブレーキ TEKTRO Vブレーキ
cc-ritwy-pasture_10fwe.jpg
シフター SHIMANO SL-RS47 レボシフター

グリップを回して、変速するスタイルなので誰でも扱いやすい。
cc-ritwy-pasture_9.jpg
ハンドル アルミ合金
ステム アルミ合金
スレッドステムなので、誰にでも楽な姿勢のフレームとハンドル&ステム形状をしています。
cc-ritwy-pasture_6.jpg
cc-ritwy-pasture_5.jpg
フレーム NFデザイン 6061アルミ合金
ママチャリみたいですが、フレームは本格的スポーツバイクでもある。
cc-ritwy-pasture_11er.jpg
フォーク 軽量スチール
cc-ritwy-pasture_8.jpg
cc-ritwy-pasture_7.jpg
cc-ritwy-pasture_15.jpg
クランク LASCO 6061アルミ合金 (38T)
クランクガードが付いているので、どんな服装でも対応可能。
(裾の汚れ対策は打っている上に、デザイン面の強化も行っている)
cc-ritwy-pasture_16.jpg
cc-ritwy-pasture_17.jpg
cc-ritwy-pasture_21.jpg
チェーステーにネコのシルエットが隠れています。
cc-ritwy-pasture_20.jpg
cc-ritwy-pasture_19.jpg
リアD SHIMANO TOURNEY RD-TX800
スプロケット SHIMANO CS-HG200(12-32T)
ギア数 8段変速
cc-ritwy-pasture_18.jpg
サドル マシュマロサドル
自転車 Vブレーキ仕様 クロスバイク 【先行予約受付中】RITEWAY ライトウェイ 2017年モデル PASTURE パスチャー[先行予約受付中]