SANYO NEW eneloop 単3形4本 HR-3UTGB-4 &単4形4本 HR-4UTGB-4充電レビュー

ここでは、SANYO NEW eneloop 単3形4本 HR-3UTGB-4 &単4形4本 HR-4UTGB-4充電レビュー に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP2561.jpg
( ゚∀゚)はい、自宅にアマゾンから到着した新エネループです。
今回は単3、単4を両方買いましたよ。上の画像は
単3形4本 HR-3UTGB-4です。
驚異の1800回充電可能な、怪物バッテリーですよ。
もちろん、新エネループも信頼の日本製。


満充電しても、5年後70%容量維持するというモデル。
(常温保存の場合)
5年……気が遠くなりそうだ。
災害対策用&デジカメ用を兼ねて購入。

( ;゚ω゚)……なんか、若干外側のフィルムが汚れている様な……何があった?
アマゾンめ……まあ、ずぐはがすからいいけどさ……
折角の抗菌加工の外部フィルムなのに……なんかもったいない。


IMGP2560.jpg
(´・ω・`)……これが単4形4本 HR-4UTGB-4ですね。
ひたすら、コンパクトなパッケージ。
これは、TVコントローラーと携帯ラジオ用ですわ。


IMGP2562.jpg
IMGP2563.jpg
 (`・ω・´)5年後でもすぐ使える高品質! というのが新エネループの売り。
製造年月日をきちんと背面パッケージフィルムにプリントしてありました。
この西暦を参考にすればいいわけですね。
IMGP2564.jpg
IMGP2565.jpg
(´・ω・`)外のフィルムを剥がすと、ブルーのケースが出てきます。
そのケースをスライドさせると、エネループ乾電池が登場。
簡易ながら、収納ケースも兼ねているという訳ですね。
まあ、ちょいペラペラケースだけどさ。
収納する分には十分。
IMGP2567.jpg
左が新エネループ。右が旧エネループ。
( ;゚ω゚)……一見まるで見分けがつかない……
IMGP2568.jpg
……と思ったら、新エネループの王冠マークに一本
のラインが入っていることを確認。

(´・ω・`)……そうか……王冠で判断すればいいのか。
IMGP2566.jpg
ちなみに、出荷時に太陽光発電で充電されていたそうな。
芸が細かいねえ。
そこまでエコにこだわる威勢は立派。
IMGP2571.jpg
(`・ω・´)今回購入した新エネループは、全てのエネループ充電器
に対応しているそうで。
手持ちのeneloop 急速充電器セット(単3形4個セット) N-TGR01AS
でテストしてみることに。

IMGP2569.jpg
新エネループ単3形4本 HR-3UTGB-4をN-TGR01ASにセット。
( ゚∀゚)……うん、充電いけますね。
充電後は、人肌程度に温まっていたかも。
充電音は、特にしなかったですね。
何度も使った訳でないので、後日差が出てくるかもしれせんが。
IMGP2570.jpg
新エネループ単4形4本 HR-4UTGB-4もセット。
( ゚∀゚)……これもOK。
単四の場合は斜めに入れるのがポイント。
という事は、手持ちの充電器でOKですね。
初めから、エネループ用充電機を所有している方は買い足す
必要はないのでは。

まとめ

( ゚∀゚)ぶっちゃけ、単3形4本 HR-3UTGB-4をペンタックスK-xで使
用してみたけど、いけますね!
やっぱり、バッテリーの減りが少ないしパワーがいい。
乾電池のパワーが弱いと、一眼レフの動きはひ弱になりますからね。
元々、ペンタックスの一眼レフはエネループを推奨していますけど。
うん、うん、納得の完成度。

不満があるとしたら、そうだなあ。
出来れば新エネループだとすぐわかるような、デザインの違いがあっ
ても良かったかも。
あとアマゾン、綺麗に梱包してくれよ……折角サンヨーが綺麗な
パッケージを用意していたというのに……。

ま、これから長期に渡って一眼レフを、旧エネループと新エネループ
を交換しながら使用する事になるけど。
長い付き合いになりそうですよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanoha5766.blog90.fc2.com/tb.php/205-1255d756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。