THERMOS サーモス 山専ボトル 保温・保冷 0.8L カップラーメン用の熱湯に最適

ここでは、THERMOS サーモス 山専ボトル 保温・保冷 0.8L カップラーメン用の熱湯に最適 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN1269.jpg
山登り専用の、アウトドア保温ポットです。
なんか噂によると、アウトドア界最強の保温性と軽量性を有した保温
保冷水筒だとか。
どうもアウトドア専用らしく、どこにもスーパーにもホームセンターにも売ってない。
仕方なく通販で購入。

寒い季節に暖かいお茶とか飲みたいと思い購入。
ポイントは、0.8Lと言う事ですね。
カップラーメン&お茶がコップ2杯飲める丁度いい水量なんです。
これが0.5Lだと直ぐなくなるし、1Lだと持ち運びが重い。

0.8Lが丁度いい量な訳です。
IMGP6058.jpg

(感想)
沸騰したお湯を入れておけば、6時間は超高熱!!
カップラーメンだろうが、紅茶だろうが直ぐに使用出来るレベル!
普通に火傷するから、一気飲みはNG! それ位熱い!!!

経験上ほど程の飲みごろ(あったかい)になるのは10時間位
たってからかな?

なんか雪山とか、凄まじい環境下で使用するだけのことはある。
下手すれば20時間以上はあったかいお湯が飲めるのでは?
しかも、使用後、このボトルは「軽い」

普通の水筒はとにかく「重い」が、この山専用ボトルは「軽い」
持ち運んでもかるいので、まるで負担にならないのだ。
おそらく山登りの為に、設計されたせいだと思う。
「重い」水筒じゃ話にならないのだろう。
IMGP6068.jpg
IMGP6067.jpg
究極の遮断?
なんというかスポーツ的な水筒の様な気がする。
IMGP6073.jpg
IMGP6075.jpg
底と、本体にショック吸収及び滑り止め防止の為のゴムがついて
いる。
これが異様に頼もしい。
一度床に落としてしまった事があるが、びくともしなかった。
さすが山専用……
IMGP6063.jpg
IMGP6065.jpg
蓋はなんと「スクリュー式」
ほら、ワンタッチ式だと壊れやすいし、その上熱が逃げる。
(ワンタッチだから構造が複雑なのだろう)
一回転回してひねると、お湯が出てくる。
色々な意味で単純な構造だから、壊れにくい。
IMGP6060.jpg
IMGP6061.jpg
なんとコップ部にも、底面にゴムの滑り止めが!
手袋をしても滑らない様な仕様になっている。
なんか徹底した、アウトドアなコップなのね。
結構肉厚なプラスチックなので、冷えにくいかな?
IMGP6069.jpg
IMGP6070.jpg

正直言って、その辺の水筒ではこの山専用ボトルには勝てないと思う。
とはいえ、出来るだけ満タンにしておいた方が保温効果が増す。

あと、本体にカバーをすれば更に保温効果が増すんですよね。
DSCN1271.jpg

あくまでカップラーメンにこのサーモス山専ボトルを使用した感想だけど
朝熱湯を入れておけば、3時までは確実に熱々。
火傷しそうな、ラーメンを楽しめる。
しかも、残りのお湯で熱々のお茶も飲めるので、おにぎりと相性が良い。

あと、他の水筒と比べて本当に軽いので、バイクに積載したりツーリング
で楽しむ方も多い。
コメント
この記事へのコメント
参考にさせてもらいます ありがとうございます!
2015/08/13(木) 21:45 | URL | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
参考になって、良かったですー
2015/08/24(月) 15:52 | URL | ポテチ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanoha5766.blog90.fc2.com/tb.php/270-2d5c47ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。