NIKON COOLPIX P310を、3か月使った、リアル感想。

ここでは、NIKON COOLPIX P310を、3か月使った、リアル感想。 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP6099.jpg
さて、NIKON COOLPIX P310を展示会撮影用に購入しました。
購入した理由は、購入した10月当時18000円程度でハイエンド
コンパクトデジカメが買える! という事で即購入。

(3か月たった今の、かなりリアルな感想)
正直一眼レフさすがに5万クラスのハイエンドデジカメには負
けるが、その辺のコンパクトデジカメなど相手にならないレベル
だと思う。
ハイエンド、高級コンパクトデジカメに片足を突っ込んだ性能
を持つ。
高級機と、通常のコンパクトデジカメの中間位の性能か?
IMGP6094.jpg
(バッテリー)
動画、画像を一日中撮影しても持った。
とりあえず、バッテリーをフル充電しておけば問題なし。

オートフォーカス性能が高速で、ジャンジャン撮影可能。とにかく枚数を
大量に撮影するのに適している。

ボディは、RX100 などのハイエンド機よりもコンパクト。
つまり持ち運びが楽。

液晶はタッチパネルではないけど、操作はダイヤルなど非常に一眼レフに
近くて助かった。
露出補正なども非常に簡単にコントロール出来る。
IMGP6097.jpg
動画機能ワンタッチで操作(赤いボタンを押すだけで、いきなり動画操作に移れる)
このP310の特徴として、非常に動画が美しい。
もしかしたら、一眼レフの動画すらも圧倒するかもしれない。
IMGP6092.jpg
DSCN0063.jpg
DSCN0072.jpg
あと長所として、機械や施設、車などの撮影に強いと思う。
実は、展示会の時大量に展示品を撮影しなくてはならなかったのですが
高速AFのおかげでなんとか撮影をこなせた。
しかも、記録時間が瞬時に終了するのだ。
その点はP310 に感謝している。
DSCN0700.jpg
DSCN0708.jpg
例えば、車のボディの光沢なども美しく撮影できるのでは。
あとは風景撮影にもいいですね。
画像を見ていただくと分かりますが、1600万画素の解像度が生きてくる。
DSCN0713.jpg
DSCN0715.jpg
こうして見てみると、カタログなどのフォーマルな撮影に向いていると
思う。
建築物の描写もなかなかのもの。
プライベートというよりは、公的な撮影などで真価を発揮する。
結婚式や運動会などの私的行事にはあんまり使いたくないかな。
DSCN1240.jpg
DSCN1243.jpg
DSCN1248.jpg
あと室内撮影の時は、やはりレンズが明るいので結構いけると思う。
それでも「暗いかな?」と感じた時は、露出補正で対応しています。
露出補正+0.7位でいけるかな?
DSCN0709.jpg
ただし苦手なのは、人物や食品かな?
特に人物撮影にはあまり適していないと思う。
あくまで個人的な意見だけど、人間を精密に撮影しすぎると思う。
(あまり柔らかさがないというか)
DSCN1270.jpg
オート撮影の時、食べ物を撮影すると非常に硬くなんだかまずそうに
見えた。
しかし、どうやら(料理)撮影モードがあるのを発見。
ダイヤルボタンを回して(シーン)、(料理)を選択。
そうすると、暖かい感じに撮影出来た。
カップラーメンで失礼。

ただ、オート撮影で全部こなそうとするのは無理があるかもしれない。
一眼レフみたいに、好みの設定をしながら撮影するためのコンパクト
デジカメなのかもしれないですね。

入門用→中級機NIKON COOLPIX P310→高級機という認識でもいいと思う。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanoha5766.blog90.fc2.com/tb.php/272-10a55f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。