サーモス山専ボトルでパスタを作ってみる。アウトドアで気軽に熱々パスタを楽しめるぞ!

ここでは、サーモス山専ボトルでパスタを作ってみる。アウトドアで気軽に熱々パスタを楽しめるぞ! に関する情報を紹介しています。
DSCN7678.jpg
サーモス山専用ボトル、通称「山専ボトル」というアウトドア専用
ボトルがあるんですけど、これを使ってパスタを作ってみました。
と言ってもインスタントのカップパスタですけどね。

通常インスタントのパスタというと、ちょっとした熱湯ではないと
作れませんよね?

こういう時こそ、圧倒的な保温性能を誇るサーモス山専ボトルの出
番ですよ。
DSCN7679.jpg
デュラムおばさんのキャベツのペペロンチーノスパゲティ–
サンヨー食品のカップパスタでテスト。
お湯を注いで5分待つタイプです。
しかも難易度の高い? 乾麺&太麺タイプ。
きちんとした熱湯ではないと、成功が難しいと思います。
DSCN7680.jpg
山専ボトルは800mlタイプを使用。
夏は、驚異的な保冷力を発揮してくれました。
氷が2日たっても融けないんですよ。
正に怪物クラスの保温&保冷ボトルですね。
熱湯を朝の内に仕込んで、お昼に実験してみました。
(3時間程度たった、お湯を使用しました)
DSCN7683.jpg
とりあえず、カップパスタの上に熱湯を注ぐ。
凄い熱量! さっすが800mlの容量!
カップに限界まで注いでも、まだポットの中に熱湯が
残っています。
これは2時頃でもいけたかもしれませんね。

5分後、お湯を捨ててオイルを混ぜてぺぺチーノが
完成です。
DSCN7685.jpg
出来立てのペペロンチーノから激しい湯気が!
完全に熱々!!
凄いですよ! このボトルは!
アウトドアでパスタが作れてしましましたよ。
DSCN7686.jpg

しかしこのペペロンチーノがまたマニアックな味でして。
「サッポロ一番塩ラーメン」みたいな、塩味なんですよね!
なんか、家の外でパスタを用意するというのも、実に不思議
な気分です。
DSCN7687.jpg
食べる。
熱々でボリューム満点。うまい!
なんでか、割り箸でパスタを食べてしまった……。
9月の実験なので成功しましたが、やはり12月になると少し
きついかもしれませんね。
(カップラーメンは楽勝だと思いますが)
コツは、沸騰したての熱湯をサーモス山専ボトルに入れて
おく事。
あとその熱湯は5時間以内だったら、多分成功率は高くなると
思います。

この方法なら、リアルアウトドアでもパスタが食べたい時に
気軽に食べられるのでお勧めです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanoha5766.blog90.fc2.com/tb.php/299-c4c372f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック