カナダスポーツバイクメーカーの電動アシスト自転車 LOUIS GARNEAU LGS-TR2Eに乗ってみた。

ここでは、カナダスポーツバイクメーカーの電動アシスト自転車 LOUIS GARNEAU LGS-TR2Eに乗ってみた。 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN0310.jpg
カナダのスポーツバイクメーカー「ルイガノ」の電動アシストクロス
バイクです。
街乗り系やスポーツ系クロスバイクを長年作ってきたブランドが、
電動アシストに挑んだ訳です。見た目がやはり、日本の電動アシスト
自転車に比べて華やかなで完成されたデザインが特徴。

モーターなどのドライブユニットがなんと日本の「サンスター」製なので、日本の電動アシスト技術もしっ
かりとりいれた電動自転車になっています。

(試乗した感想)
スポーツ性が高い電動アシストモデルでした。
見た目、なんか華やかで大人しそうにみえるじゃないですか?
とんでもなくパワフルに走りまわりますよ。

やはりクロスバイクメーカーだけあって「走り」重視の電動
アシスト自転車ですね。
平地での走りが非常に安定している上に、パワフル。

カーブなどのコーナーリング性能も、26インチサイズを生かして
良好。
一応お子さんなどを乗せて走る為、このカーブや直線でもきちんと
走れるタイヤサイズに落ち着いたのでは。
DSCN0320.jpg
(坂道などの登り性能)
もちろん、それなりにアシストパワーを生かして登れるけど。
どちらかというと、起伏の少ない道路向きのモデルじゃないですかね?
もし坂道や、アップダウンの多い道路で使いたいならヤマハか
パナソニックの電動アシストモデルの方がいい。
逆に、平地でパワフルに機動力を生かして走りたいなら、このルイガノ
電動バイクかな。
平地などで、スポーティに使うのに向いていると思う。
ちなみに、アシストするタイミングなどは、日本のサンスター製だけあっ
てしっかりしていた。
DSCN0319.jpg
シフター SHIMANO REVOSHIFT
グリップを回して7段変速する仕組み。
ちなみにグリップ部分にレザーなテープが巻きつけてあって
レトロだった。
DSCN0311.jpg
タイヤ 26×1.5
泥除け付き。
ブレーキにはMTBにも使われる強力なSHIMANO Vブレーキ
を採用。
ブレーキ(制動)力は信頼していい。
DSCN0312.jpg
フレーム LG6061PG ALUMINUM
乗り心地の良い、軽量アルミフレームを採用。
実際にスポーツ系クロスバイクにも使われている素材を、電動アシスト
自転車に使用しているあたりがルイガノらしい。
一応フレーム形状は、乗り降りし易い形になっています。
DSCN0313.jpg
クランク41T
シフトSHIMANO HG41 12-27T 7speed
スタイリッシュなチェーンガード付き。
このあたりのデザイン性の良さが、ルイガノですね。
DSCN0314.jpg
バッテリー充電時間 120分
電動走行距離 ターボ/18km ノーマル/26km エコモード/40km
とりあえず10kmは確実に走る能力があるのでは。
DSCN0316.jpg
リアディレーーラー SHIMANO TOURNEY
外装7段変速。
ママチャリだとせいぜい6速程度だけど、スポーツ系コンポーネント
を採用しているので、普通に7速モデルなんですよ。
ただし、内装変速程に雨に強いという訳ではない。
DSCN0315.jpg
やはりLGS-TR2Eの最大の特徴として、スタイリッシュだけど頑丈な
リアキャリア―を採用している点です。
チャイルドシートを乗せる事を前提にして設計。
モーター部分をセンターにして、ホイールベースを長めとり安定性
を高めた設計。
個人的に長時間走るのに、向いている電動クロスバイクだと思う。
また通常の電動アシスト自転車は20kgオーバーのモデルが多いけど
LGS-TR2E は軽量アルミを採用しているので18.3kgと軽量な点も
注目。
【2014モデル 】LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-TR2E電動アシスト自転車
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanoha5766.blog90.fc2.com/tb.php/312-daf5e1a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。