2015 ルイガノ LGS-TR1  巡航性能と走破性を併せ持つ、シティクルーズに適したクロスバイクではないでしょうか?

ここでは、 2015 ルイガノ LGS-TR1  巡航性能と走破性を併せ持つ、シティクルーズに適したクロスバイクではないでしょうか? に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100000027322-l0.jpg
2015 louisgarneau LGS-TR1
MTB系アルミフレーム形状の、ルイガノのクロスバイクLGS-TR1。
フロントにサスペンションが付いている上に、走行性に優れた35C幅
と太めのタイヤサイズを採用。
とはいえ、ロードと同じく700Cサイズのホイールなんですよね。

MTBに700Cホイールを装着すると、こんな感じになるか。

悪路に強いクロスバイクなのは間違いないですね。
更にタイヤ幅がある、ルイガノの29erMTBに試乗した事あるんです
が、エントリーモデルといえどかなりスピードのノリが良く、巡航性能
があったですよ。
それだけ29erや700Cサイズのホイールを履かせる、マウンテンバイク
の様な小さい26インチホイールとは、全然別物の走りをするのですよ。

だからルイガノ LGS-TR1も、MTBと同じくスローピングフレームな上
に、29erと同じく700Cサイズホイールな訳でして。

巡航性能と走破性を併せ持つ、シティクルーズに適したクロスバ
イクではないでしょうか?
100000027322_09.jpg
ステムは角度調節可能な、可変ステムタイプ。
どちらかというと、リラックスばポジションを選択する為の
配慮の様だ。
しかし、できるだけ下向きに設定すればスポーティ―な設計
も可能なのでは。
100000027322_01.jpg
シフターは、シマノ ST-EF51 7スピード 2フィンガー

古いMTBのシフターを、このシマノ ST-EF51に交換
される方もいるそうです。
ビアンキのクロスバイクローマシリーズにも使われて
いるシフターですね。
100000027322_02.jpg
 SR SUNTOUR CR-8V 700c 50mmトラベルサスペンションフォークを採用。
適度な50mmトラベルの利きを楽しめます。
100000027322_03.jpg
タイヤ ケンダ 700x35c
巡航性能が高くスピードのノリがいい700Cホイールを、MTBの様な
リラックスなポジションで走行を楽しめる仕様になっています。
その上、35Cと太めのタイヤ幅設定をして街乗りの際の、走破性を高め
ています。
100000027322_04.jpg
クランク シマノ 42/34/24T 170mm
フロントディレーラー シマノアルタス


ズボンの汚れや巻き込みを防ぐ、チェーンガードが最初から
取り付けてあります。
最初から、街乗りを想定した仕様ですね。
100000027322_06.jpg
ブレーキ テクトロ アロイ V

クロスバイクにしては、珍しい前後LEDライト付き。
街乗りに便利なパーツが最初から標準装備されています。
100000027322_07.jpg
サドル LGS COMFORT
100000027322_08.jpg
100000027322_05.jpg
リアディレイラー シマノ ALTUS
スプロケット シマノ CS-HG31 11-32T 8s
フレームは6061アルミ
重量 13.8kg(420mm)
変速 3x8 24段変速

MTBの様な走破性と快適性、ロードの様な快速性を併せ持つ
クロスバイクですね。
しかも5万クラスながら、リア8速仕様なのでコンポもかなり
お買い得なモデルだと思います。
販売価格が4万クラスになってくると、どうしてもリア7速仕様
になってしまいますし。
ルイガノ [louisgarneau]2015 LGS-TR1 700c 外装24段変速 クロスバイク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanoha5766.blog90.fc2.com/tb.php/368-b37ba3d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。