2016 JAMIS ALLEGRO SPORT 長距離を走破する為に、フレームにロードバイクの技術を取り 入れたクロスバイクですね。

ここでは、2016 JAMIS ALLEGRO SPORT 長距離を走破する為に、フレームにロードバイクの技術を取り 入れたクロスバイクですね。 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
imgrc0065150495.jpg
JAMISのアルミクロスバイクALLEGRO SPORTです。
長距離走るロングライドから、山を登る目的としたモデルです。

ロードやクロスバイクのジェイミスモデルに乗ってみると、とことん
疲労を感じさせないフレームの作りになっているんですよね。
ALLEGRO SPORTは、上位機種に採用している、ハイドロフォ
ーム、Sベンドステーを採用。

ロードバイクの衝撃吸収システムを、クロスバイクに導入して
ロードバイクの様に長距離を走破するための機能にこだわって
います。

ポジションは、やはりコンフォート系アルミモデルと同じく長め
ヘッドチューブを採用。
走行中の姿勢はアップライド(上半身上向き)なので、誰でも
抵抗なく操作できますし、視野を広く確保できる利点もあります。
(この辺は初めてクロスバイクに乗る方には、もってこいなのでは)

うーん、やっぱりALLEGRO SPORTはとことんフレームにこだわ
った、クロスバイクですよ。
しかも、初心者が乗りこなす為にとことんフレームやギア比を考えて
いますね。
imgrc0065150494.jpg
シフター Shimano RAPIDFIRE ST-M310, 24-Speed
imgrc0065150493.jpg
ヘッドセット FSA Integrated IS threadless, 1 1/8”


さすがに、ヘッドチューブが長い!!
快適性重視のロングライドアルミモデルの様です。
imgrc0065150492.jpg
フォーク Redesigned chromoly straight blade unicrown with bulge butted chromoly steerer,
low-rider carrier mounts and forged dropout with fender mount eyelets

クロモリストレートフォークを採用することで、快適性を確保
しつつ速度が落ちにくい様な計算をしているのか。
サス付きだと、どうしてもスピードが食われて長距離を走破
するのがキツイですものね。
imgrc0065150491.jpg
フレーム 6061 aluminum with hydro-formed top and down tube, taper gauge “S” bend stays,
replaceable derailleur hanger and fender/rack mount eyelets

アレグロスポーツは、軽量トリプルバテッド6061アルミチューブで構築されています。
それに太目の32Cタイヤを採用しにホイールベースの長さに数ミリメートルを
追加することによって、アルミ特有の硬めの乗り心地に快適さを追求しました。
imgrc0065150490.jpg
imgrc0065150489.jpg
クランク Shimano FC-M171 triple, 48/38/28
フロントディレーラー Shimano FD-M191 bottom pull front
リアディレーラー Shimano Acera RD-M360
カセット SRAM PG 820 8-Speed 11-32T

48/38/28シマノFC-M171クランクセット、シマノRD-M360リアディレイラー、
および11〜32Tと24速シマノラピッドファイヤーシフトドライブトレインは、
より簡単に登りが可能な様に、ワイドなギア比を獲得しています。
imgrc0065150487.jpg
ホイール Alex DC26 double wall alloy rims, 32H, Formula alloy hubs with QR and 14g stainless steel spokes
タイヤ Vittoria Randonneur with Double Shield puncture protection and reflective sidewalls, 700 x 32c
ブレーキ Tektro RX-1.0 linear-pull with front power modulator and Shimano brake levers
ALLEGRO SPORTでは、上位機種に採用している、ハイドロフォ
ーム、Sベンドステーを採用。
自転車の乗り心地を決める最大の要因は、フレームであるとジェイミス
は考えています。
やはりこのあたりが、ロードの技術を取り入れたクロスバイクですね。

またブレーキに、ミニVブレーキを採用。強力な制動力を獲得しています。
さすがに太目のMTB用タイヤを装着する為のクリアランスではなく、
700×32CタイヤですのでブレーキアームがコンパクトなミニVブレーキを
採用したのでしょう。
もちろん、フェンダー取り付けの為の、十分なクリアランスは確保してあり
ます。
imgrc0065150488.jpg
とりあえず個人的に街乗りしつつ、ツーリングみたいに長距離走る
なら、このモデルを選択するかな。
とにかく、ジェイミスのバイクはどのモデルも乗り易いので、
機会があったら試乗してみることをお勧めします。
2016モデル JAMIS(ジェイミス) ALLEGRO SPORT JP EDITION (アレグロスポーツ) クロスバイク 【送料プランB】
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanoha5766.blog90.fc2.com/tb.php/389-ebd7349a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。