2017年モデル BIANCHI ROMA 3 Claris  やはり街中での快速性重視! 

ここでは、2017年モデル BIANCHI ROMA 3 Claris  やはり街中での快速性重視!  に関する情報を紹介しています。
17bianchi491.jpg
BIANCHI ROMA 3 Claris

2017年モデルのビアンキ ローマ3はMattAntarctica、MattBlack、MattCeleste、
MattIceMelon、MattWhite

など、つや消し中心のカラーリングですね。

17bianchi496.jpg
ネイビーだけは、ちょっと光沢あるかな?

エントリー系ロードコンポですが、フレームはクロスバイク専用設計。

ロードの様な、走行性能を期待される方がいますが、実際に乗ってみると
クロスバイクの様な楽さがありますね。

でも快速なのは間違いなく、街中のストップ&ゴーに適したクロスバイクと
言えるでしょう。
またロード系コンポクラリスを採用しているのに、税込み7万円台は
魅力的です。
17bianchi492.jpg
ブレーキがシマノグレードのShimano BR-R353 V-Brakeです。
ローマディスクモデルなども存在しますが、ローマシリーズの場合エントリー
モデルのVブレーキでも強力な制動力を発揮します!

また、2017年モデルのローマ3はパーツに良質なものを採用する傾向に
ありますね。
何とタイヤに、MTB系で有名なWTBの THICK SLICKを採用。
耐パンク性に優れ、グリップ性能が良質。街でハードに乗る
クロスバイクにはぴったりですね。
17bianchi497.jpg
ビュンビュンと「軽く」快速で飛ばすことが出来るクロス
バイクですが、逆にその辺を軽く低速で流すのにも適して
います。
フルアルミモデルなので、路面からの衝撃吸収性が気にな
る方も多いと思いますが、それ程気にしなくていいですね。

それよりも、ローマ3の快速性能に注目した方が良いと
思います。
17bianchi498.jpg
ここ最近ビアンキのアルミ系クロスバイクや、アルミロードは
速度のノリが快速になってきた傾向にあります。
一見何も変わらないようですが、アルミフレームの技術が
年を追うごとに変化しているんでしょうね。
特にここ最近の、アルミモデルの乗り易さは注目に値します。

あともう少ししたら、「アルミ=硬い」という時代も終わりを
迎えるかもしれません。
17bianchi493.jpg
17bianchi494.jpg
シフターはブレーキレバー一体型のクラリススペック。
割とクロスバイク系シフターの中でも、良質なグレード
ですね。

スポーティーに街中を疾走するのに、適したシフターです。
17bianchi497.jpg
17bianchi499.jpg
フロントディレーラー Shimano CLARIS
リアディレーラー Shimano CLARIS
クランクセット Shimano FC-RS200 50/34T
165/165/170/170/175mm
スプロケット  Shimano CS-HG50-8 8sp 11/30T

更に低グレードの、ターニーグレードだったとしてもローマはそれなりに
快速で走ってしまう能力を有しています。
ダッシュ力が強力で、快速性に重点を置いていますね。
反対に、長距離を走るならカメレオンテのほうが適している印象があります。
17bianchi495.jpg
【予約受付中】【合計7200円相当の特典付】ビアンキ 2017年モデル ローマ 3 クラリス / ROMA 3 Claris【クロスバイク】【Bianchi】
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanoha5766.blog90.fc2.com/tb.php/400-ea63473d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック