冬モデルレビュー レッツノートS8、N8シリーズ パナソニック

ここでは、冬モデルレビュー レッツノートS8、N8シリーズ パナソニック に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP0119.jpg
パナソニックさんで、冬モデルレッツノートS8シリーズ、N8
シリーズの説明を受けてきましたよ。
いやもう、関西? の方だけあって? しゃべる、しゃべる。
ちなみにS8がドライブ内蔵、N8がドライブ非内蔵です。

耐久性と、駆動時間、そして高速処理性すべて申し分ない
ノートブックだという事が分かりましたよ。
IMGP0133.jpg
ちなみにこれがドライブ非搭載の、冬モデルレッツノートN8シリーズですね。
ネット販売限定の、64ビット版Windows®7 Professional 正規版を採用
しています。
IMGP0140.jpg
これがドライブ搭載の、冬モデルレッツノートS8シリーズです。


WXGA(1280×800ドット) 12.1型TFTカラー液晶。ワイド液晶にして、情報
量を出来るだけ多く表示出来るようにしたとか。
いや、かなり見易い! ユーザーからの要望に対応した結果ですって。
IMGP0114.jpg
高速処理用デュアルコアCPUを搭載(1つのCPUパッケージの中
に2つのCPUコア)

まあ、長所はそれだけでなくバッテリーが16時間稼働な所ですね。
電池も作っているメーカーさんなので、そういう所は間違いなく強み
な訳で。
十六時間……旅に言っても安心ですね。

IMGP0115.jpg
重量はかなり軽量です。
S8シリーズは、1320g。実際持ってみましたけどあまりの軽さの
せいで、ぽかんとしました。
持ち運ぶのを想定してるだけはあります。

IMGP0116.jpg
やっぱり、バッテリーの性能の高さを強調されていました。


ちなみに電池というのは、80%まで充電すれば寿命が延びるそう
です。で、100%充電してしまうと寿命が短かくなる。
ですから、エコノミーモードを選択すれば、自動的に80%充電
が可能になるそうです。
それでも12時間動くとは、おそるべし。

あと、やっぱり環境に優しい低電力のLEDバックライト搭載。
やっぱり、事務とかにかなり使い易い画面の様な気がします。

IMGP0117.jpg
IMGP0135.jpg
IMGP0138.jpg
やっぱり事務や、研究機関に熱烈な愛好者がいるだけあって
プロジェクターや液晶画面にも対応。

会議などにも、即戦力。

IMGP0118.jpg
IMGP0137.jpg
薄い板を曲げて、耐久性を持たせたボディです。極端に言えば
しっかり剛性確保。すごいね。

やっぱり、ノートブック本体を持ち運びが多いユーザーが多い
のを想定しています。
満員電車での圧迫や揺れを想定して、耐100kg級の加圧実験もクリアー。
(知らなかったのですが、満員電車では100kgの圧力が加わるそうで)

ちなみに76cmの落下実験をクリアー。
この76cmという数字は、一般の机の平均した高さから出した数字です。

IMGP0128.jpg
IMGP0129.jpg
実際落しても、HDDは低反発のダンバーでしっかり保護します。
キーボードに水をかけてもOK。

IMGP0136.jpg
無線LAN技術を拡張した新規格、WiMAXなど、ワイヤレス機能
を強化。
重たい企画書データや動画などの転送に向いていますね。

あと、マイレッツクラブで購入すると色々特典がついてきます。

①高速処理用デュアルコアCPU P8800(2.66GHz)採用
店頭モデルP8700よりさらにワンランク上のCPUを搭載

②SSDモデルならバッテリーは最長17時間稼働。

③ネット販売限定で、64ビット版Windows®7 Professional 正規版を採用
しています。

④カラーカスタマイズ可能。

⑤一番強調したいのですが、3年保障が付いてきます。これはかなりありが
たいです。


いえ、以前某社のノートパソコンを使っていたのですが、2年目でクラッシュ
して泣く泣く諦めた事がありまして……しかも、その後リコールとかのどた
ばた……ですから3年保障はお勧め(店頭ですと1年保障)

購入後、PCの外観から中身までの点検が受けられるリフレッシュサービス
もついてくるそうですよ。(3~4日あればOK)
しかもしっかり神戸工場でクリーニングしてくれます。

店頭で購入するよりも、高スペックかつ、手厚いアフターサービスが受けられる
のが嬉しい所。

レッツノートは神戸で頑張って、作られているメイドイン神戸です。注文を受けて
から、神戸工場で組み立てるそうなので品質には圧倒的な自信があると強調
されていました。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanoha5766.blog90.fc2.com/tb.php/44-2afa8288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。