ホテル丸忠 CLASSICO(南千住駅) 体験宿泊レビュー スカイツリー周辺ホテルに3000円クラスで泊まる方法! 

ここでは、ホテル丸忠 CLASSICO(南千住駅) 体験宿泊レビュー スカイツリー周辺ホテルに3000円クラスで泊まる方法!  に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP2638.jpg
東京スカイツリーまで電車で15分、しかも3000円程で宿泊出来ると聞き、
早速予約してみました。

南千住駅→(つくばエクスプレス区間快速・つくば行)2分→北千住駅→東武特急きぬ130号 )7分→東京スカイツリー駅というコースになります。
3000円程度でまともな宿泊施設なんかあるのかいな? でもレビューでは
やたら評価が高いし……という事で予約。
宿泊費3000円程度か。
どれほど、未知の世界が自分を待っているのだろう?
カプセルホテルでも3500円以上というこのご時世に……3000円……
銃撃戦でもあるのかいな?
なんで3000円クラスで、普通のシングル部屋に泊まれるのだろう?

調べてみたところ以前は山谷と呼ばれた、労働者の宿泊所が多い地域だったらしい。

でもいまでは、外国人観光客や、秋葉原への観光客、劇団の女の子や
ビジネスマンなどが多く利用する、宿泊施設が増えたとか。
それに合わせて、ホテルもデザイナーズ感やスタイリッシュな清潔感
あふれる宿泊施設に変貌を遂げたとか。
最近では東京ディズニーランドの家族向け宿泊も多いとか。
なるほどなあ。
ここは、実に穴場だった。
(カプセルホテルはカプセルホテルで、個人的に好きだけどさ)

南千住駅の治安は良く、普通に小学生が下校している位だからまあ
安心かな。
近くに交番もあったし。
ホテルに向かう最中東京スカイツリーがみえたので、思わず撮影。
残念ながら、自分の部屋からは見えなかったけど。


まず、宿泊施設に到着するまで10分程、歩かなくてはならなかった。
まず南千住駅南口を出ると陸橋が見えます。

大きな地図で見る
IMGP2680.jpg
まず南千住駅に到着したら、南口改札を出ましょう。
IMGP2679.jpg
南千住駅南口を出ると陸橋が見えます。この階段を登ってください。
IMGP2663.jpg
注)とりあえず陸橋から見た、この江戸通りをひたすら駅とは反対
側に歩いてください。
陸橋さえ上れば自分の位置がつかめるはず。
そして、陸橋から見える江戸通りから泪橋交差点までひたすら歩く。
GOGO。
そうすると、セブンイレブンが見える泪橋交差点に着いたら
左方向に曲がると、ローソンや目的地のホテルが見えてきますよ。

IMGP2641.jpg
見えてきたお洒落新築ホテル。
まあ、セブンイレブンとか目の前にローソンがあるのは助かる。
(ちなみにこのホテルの画像はローソン玄関で撮影)


最初あまりに綺麗なので、ホテルとは違う建物だとマジで思った。
でスルーしてしまう羽目に。
(あまりに安いのに、綺麗な外装だと間違えるものですね)

玄関には20代と思われる女性が、くつろいでいた。



IMGP2674.jpg
ロビーには無料PCが。
しかもその内の一台はアップルというスタイリッシュさ。
カフェの様なロビー。
IMGP2675.jpg
なんかソファーも非常に高級そうな雰囲気。
英字新聞とか、英語の案内書があった気がする。


IMGP2678.jpg
なんと空気清浄機も。
女子の宿泊客が多いホテルなのね。
私のフロアーは、紳士的な白人男性がいたけど。
まるで少女漫画の様な世界や。
IMGP2643.jpg
4階だったかな? 通路も異様な清潔感。
何気に3000円という価格だから、半分ビビっていたけど。
あまりに高級な雰囲気に圧倒される。
なんだ? ここは?

IMGP2645.jpg
ちなみに、洋室を予約。三畳だったっけ?
でも洋室だけど、部屋入り口で靴を脱ぐ必要がある。
なんとなく、自分の部屋に戻った気分。

IMGP2646.jpg
おお、第一印象は「広い」
なんだ? 3畳というからベッドだけで終わりかと思ったらスペースも
それなりにある。
しかも、非常に清潔でスタイリッシュ。
お布団もふかふかで、これまた綺麗。
やはりここは噂通り、当たりだった。
思わず緊張感が解けて笑顔になる。

IMGP2647.jpg
この机が実に良かった。
隣のベッドを椅子代わりに、PCを置いて作業出来るし。
しかも、しっかりしているのでご飯を置いてもなんだかおしゃれだ。

IMGP2648.jpg
窓からは自転車屋さんと、ローソンが見える。
一応ベランダは立ち入り禁止みたい。
IMGP2649.jpg
寝巻に、歯ブラシ、大タオル、小タオル、歯ブラシ、目覚まし時計、スタンド、延長コードなど一式がそろっていた。
おいおい、なんだか凄いな!
一応剃刀は有料だったので、ロビーにて購入。

凄い。
ここまで揃えてくれるとは。
ドライヤーは大浴場にあったので助かった。

IMGP2651.jpg
20インチの液晶TV。
また電源はここから延長コードをひいてベッドまで持っていける。
あとそうそう、各階ごとに無線wifiをひいてあるので、簡単に
インターネットが可能。

IMGP2652.jpg
冷蔵庫は空だった。
てか、3000円程度で冷蔵庫まであるのかよ!!
おいおい、なんで?
この時点で、本当に3,000円程度なのか激しく不安になった
ほどだ。
IMGP2653.jpg

更には、個別クーラーまで完備。
リモコンで簡単に操作できる。部屋が3畳だから直ぐに好みの
温度になってくれる。
なかなかいいなあ。

IMGP2654.jpg
IMGP2655.jpg
ハンガー数は3つ。ここにスーツをかけられるね。
(さすがにスーツケースはないけど)
実は廊下にはズポンプレッサーまで置いてあった。
ビジネス客とかも考えてあるのね。
IMGP2656.jpg
ベッドはクッション性もあるけど、適度な固さ。
なにより、新品で非常に、非常に!(ここ重要)清潔。
このベッドに入った途端直ぐに眠れた。
普通緊張して眠れないのにね。
IMGP2657.jpg
カーテンも結構上質な遮光性があった様な。
ただ、隙間があったかどうかは不明。
(あまりにぐっすり寝たので、覚えていない)
IMGP2658.jpg
そういえば、一つ気になった点が。
この部屋はキーロックなんだけど、部屋の内側にかけるチェーンロック
がなかったんだよね……。
この点が少し不満だった。
IMGP2644.jpg
部屋の外に洗面台が。
向かいに、電子レンジと給湯機が。
まるで大学の様な雰囲気。
しかし、ここも掃除が行き届いている。
あと、紙コップが一人2個までもらえる。
水飲んだり、歯を磨くのに使用。
IMGP2659.jpg
トイレも、共用。
ここも清潔、清潔。
割と部屋に近い場所で得した気分(いえ、自分は結構トイレに行く方なので)
トイレも入口にドアがついていたので、音は全然しなかった。
IMGP2660.jpg
なんと便座ヒーターが付いたウォシュレット。
まるで、劇場などの公共施設にでも迷い込んだ気分。
とても綺麗で、安心。

IMGP2676.jpg
シャワールームは1Fにあって、無料だった。一日中入れるらしい。
以前は有料みたいだったけど、コインを入れる所がふさがれていた。

反対側に大浴場があって、結構広めのお風呂が。
ただし、時間ごとに男女入れ替え制。

夜10時に大浴場へ入ろうとしたら、女子の時間だった為11時に
入る事に。
直ぐに体を洗いたい方は、シャワーがいいかもね。、
ちなみに、大浴場に鍵付きロッカーがある。
自分が入った時は、二人位人がいたかな?
更衣室には、ドライヤーと体重計がある。
IMGP2677.jpg
ジュース類が100円だった。
非常にありがたい。
また、目の前にローソンがあるので、何か欲しくなったら
直ぐ駆け込める。

ただ、エレベーターが一つなので結構混む場合も、時間帯に
よってあるかもしれない。

ところで、このホテル丸忠 CLASSICOのチェックアウト
時間は朝10時なんだけど、500円払えば12時位まで宿泊
時間を延長可能だとか。
あまりに居心地が良すぎて、12時までだらだらしようかと
思ったけど、それじゃ3000円の意味がなくなっちゃうよ!
ということで、朝10時ぎりぎりの時間にチェックアウト。
そういやこのホテルに入る時に、牛丼屋にある様な券売機で
お金を払うシステムには思わずうなった。
なるほど、このあたりが一泊3000円程度の秘密なんだろうね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanoha5766.blog90.fc2.com/tb.php/5-20eea9d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。