レビュー VAIO Xシリーズ体験! Windows7搭載モデル

ここでは、レビュー VAIO Xシリーズ体験! Windows7搭載モデル に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP0230.jpg
sony VAIO Xシリーズ
icon
VAIO Xを見てきました。
(´・ω・`)凄い高級感に圧倒されてしまいましたよ。意外にこうして
天板を展開すると、普通のノートパソコンと違和感なく感じました。
これはVAIO Xの中でも5時間駆動可能なSバッテリー搭載
モデルです。

なんというか、外出先でしっかりワードとか使えるか知りたかった
ので……Windows7を搭載していましたけどしっかり動いていましたよ。
実際とても液晶ディスプレーが、見易くて綺麗です。
(11.1インチのワイド液晶)
音は全然静かでしたね。まるで、ファンが動いているとは思えない。
500円位の大きさのファンが付いているというから驚き。


ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル さ、触ったら壊れやしないかと思い
ましたが、意外に堅牢な感じ。軽いというよりは、しっかりした
高級感という印象。

AtomAtom Z550(2 GHz)やSSDを採用していますので、あくまで外
出先でのビジネス目的のマシンとして開発されたとか。
ワードとかインターネットがメインという事。

でもビジネス目的以外のお客様から注文も殺到してるそうです。
家庭用インターネットマシンとしてどうだろう? という問い合わせも
多いとか。

実感として全然いけそう。薄いという以外、動作はその辺りのノート
パソコンと変わらないという印象。
上に、31万画素のウェブカメラが見えますね。

IMGP0231.jpg
( ゚∀゚)う、薄いです!
左側面画像です。電源コネクターがこちら側にあります。
USB×2、ヘッドホン出力も見えますね。
IMGP0232.jpg
本体右側面画像です。有線LAN、アナログRGB出力が
見えます。
IMGP0233.jpg
で、キーボードについてですけど、なんとなくプラスチック板
を叩いている感じ。
たたたたたたっ、と割と音はしました。
でも叩いた感じは心地よかったかも。

あっという間に、長文が打てたのでこれなら文章を打ちこむ
性能は割といいです。
IMGP0234.jpg
画面は、横から見てもとても綺麗。ネットブックとは比べモノ
にならない位高画質。

IMGP0238.jpg
タッチパッドは、なかなかの質感。
高級感のある触り心地が楽しめます。

IMGP0239.jpg
IMGP0240.jpg
IMGP0241.jpg
閉じた状態で、指先一つで持てそうな印象。こう見えてかなり
本体は頑丈というか、堅め。
この高級感は他では味わえません。
SSDは店頭モデルだと約64GB(64GB×1)ですが、ソニースタイル
だと、SSD 約256GB(256GB×1)、SSD 約128GB(128GB×1)
から選択可能。
プロセッサもAtom Z550(2 GHz)が選択出来ます。

あと案内係の方にきいたんですけど、ソニースタイルで購入すると
3年保障がきちんとついてきます。3年間保証サービスに<ワイド>
を選択すると、机から落としたり、水をこぼしても保障してくれるので、
外出が多い方はそちらの方がお勧めかも。

(´・ω・`)……でも、気になる方は一度店頭で触ってみた方が
いいかもしれません。
品質、性能はいいですよ。個人的には、外で仕事あたりに使う
分には十分対応できると確信しています。

IMGP0335.jpg
これは10時間バッテリーが持つLバッテリーです。
IMGP0337.jpg
あ、そうそう正面です。
左がSDメモリーカードスロット、右にメモリースティックスロット
がついています。薄いなあ。
IMGP0336.jpg
20時間以上バッテリーがもつXバッテリー装着モデル。
底に厚みのあるバッテリーがついています。
どうしても、長時間バッテリーの場合は少し厚みが増します。
IMGP0242.jpg
Xシリーズ革キャリングケースです。
後で、女の子向けのケースも出るそうなので期待しています。
長野で作られているメイドインジャパンモデル。
よろしければ店頭で触ってみる事をお勧めします。
sony VAIO Xシリーズ
icon


Sony Style(ソニースタイル)

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanoha5766.blog90.fc2.com/tb.php/59-4de8c261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。