レビュー VAIO type Zシリーズ体験! Windows7搭載モデル

ここでは、レビュー VAIO type Zシリーズ体験! Windows7搭載モデル に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP0192.jpg
VAIO Zシリーズ
icon
ハイスペックモバイルノートVAIO type Zを触ってみて驚いたのですが
てっきりハイスペックだから本体が大きいのかな? と思ったら、思いの
他コンパクト&洗練されたデザインだったという事です。

その時のCPUがCore2 Duo T9900(3.06 GHz)、メモリ8GB(4GB×2)
ストレージが SSD 約512GB(256GB×2)と高速モデルではあったのですが。

モバイルPCに3GHzのCPU! 凄い……ストレージとメモリ容量は多めに
カスタマイズしたい所。
確かに画面の見易さにこだわっているだけあって、モバイルノートとは思え
ない画質レベル。


スタイリッシュさを全面に打ち出しているのが分かります。
キーボードを触っても全く熱を感じません。触ってみて思ったのですが、ビジネス
モデルとしてでも、家庭用としても十分対応出来るハイエンドモデルという印象
を持ちました。


IMGP0197.jpg
液晶は上から見ると、少し暗かったかな?
でも、横から見た分にはまるで問題は感じませんでした。
しかし、さすが13インチ。モバイルなのに見易いなあ。

IMGP0195.jpg
キーピッチは19mmとゆったりめ。
タイピングしてみて、かなり気楽な感じ。
タッチ感はソフトで堅牢。ひたすら軽いキータッチとは別物
の様な気がする。キーボード周辺はアルミ一体成形なので
ひたすらスタイリッシュでなおかつ堅牢。

キーが間隔を空けていますが、すんなり叩けました。この辺りは
購入後それ程気にしなくてもいいのでは?

IMGP0193.jpg
左側面です。かなりコンパクトな薄さですよね。
ヘッドホン出力やマイク入力、IEEE1394、USB2.0、
LANポート、ExpressCard/34スロット、電源コネクタなど。
IMGP0194.jpg
右側面に電源スイッチがあります。
光学ドライブ、USB。会議に使えるミニD-sub 15ピンやH
DMI出力もついていますね。
IMGP0196.jpg
ソニースタイルのカスタマイズモデルとしてBlu-rayドライブ
を搭載していました。
大画面液晶TVに接続すればBlu-ray鑑賞も可能。

IMGP0199.jpg
閉じた状態。やっぱり軽さよりも、堅牢さを感じました。
前面にメモリースティックスロットとSDメモリーカードスロット
がついています。
ソニースタイルで実現可能なSSDを選択したほうが衝撃とかに
強いかな?

問題はバッテリーが2時間半程度しか持たないので、オプション
の大容量バッテリーは必要になるな……と思います。あくまで
外出時ですが。

やっぱりコンパクトなサイズかつ軽量、更にハイスペックなので
魅力があります。
ビジネスにも、家庭用にも対応出来るのがポイント。

ソニースタイルで購入すると3年保障がきちんとついてきます。
3年間保証サービスに<ワイド>を選択すると、机から落としたり、
水をこぼしても保障してくれるので、外出が多い方はそちらの方
がお勧めです。
VAIO Zシリーズ
icon
Sony Style(ソニースタイル)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanoha5766.blog90.fc2.com/tb.php/60-25b0aada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。